ランド円手動トラリピの記録

南アフリカランド

約1年間のZARJPY(ランド円)の手動トラリピの実現損益の記録です。
思えば、2017年頃から小額で下がったらナンピン上がったら利確を
のんびり繰り返していて、少しですが安定して利益が出たことが
手動トラリピをはじめるきっかけでした。
その頃はトラリピっていう言葉も知りませんでしたけどね。

そういう思い入れの強い通貨なので
(昔、リーマンショックで資金をたくさん溶かしたのもランド円🙄)
はじめはランド円、そしてメキシコペソの2通貨だけで
手動トラリピをはじめました。
MasaTは高金利通貨が好きなんですね、きっと。
そういえば手動トラリピする直前にトルコリラに手を出したら見事に
暴落に巻き込まれて損失を出した良い思い出です。
まぁ、ドテンして倍返ししてやりましたけどね😉

2018年10月~2019年8月のランド円収益

上のグラフがランド円の約1年間の手動トラリピの結果をまとめたものです。
2018年の9月途中から手動トラリピをはじめていたのですが、
その前から持っていたポジションのスワップ益やトラップではない買い方
保有していたポジションがあったので、
データが乱れると思って9月の分は省きました。

手動トラリピをはじめた頃のレートは7.5円くらいでした。
そして上記期間中のレート幅は大体6.7~8.3円でした。

最大の含み損は8月下旬の約15万でした。
ですからはじめるタイミングにもよりますが
1.5円くらいの値幅でしたら資金が30万もあれば充分ですね。
ランド円はここ数日だいぶレートが上がりましたが、それでも7.2円位なので
ここから今までの最安値の6円まで下がったと仮定しても1.2円のマイナスです。
ある意味今はランド円の手動トラリピのはじめ時かもしれません。

ちなみに手動トラリピの設定ですがトラップ幅は0.05円、
利益幅は0.07円、1万通貨でやっています。
基本損切りはなしです。

収益は月ごとにまちまちですが、平均月10回程度は決済しますし
スワップも結構もらえるのでMasaTはランド円の手動トラリピが結構好きです。

ただ、6.5円や6円(最安値)くらいでは下落しても一時は止まると思うのですが
そこをいつか割ってくる可能性も考えられなくはない通貨なので
大きな声でお勧めはできないんですよね。

でも割の良いスワップも合わせると記録では30万の資金で月約1万円くらい
決済利益がありました。
もし含み損が数万程度なら年利30%も夢ではありませんね。

ただし今回のように含み損が15万円近くいく可能性もあるので、
そこはタイミング次第だと思います。
でも、余剰資金でやっていればランドが上昇したタイミングで含み損は
解消されるので下落し続けない限り、含み損は確定損失にはなりません。

初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。

タイトルとURLをコピーしました