週間実績報告(9月23日~9月28日)

運用記録

今週の実現損益:手動トラリピ7,523円、イレギュラーな取引-1,095円、3すくみ持合い3,035円  合計9,463円

第4回目の週間実績報告です。 

手動トラリピはかなり悪かった先週よりは少しだけ良い成績でした。

イレギュラーな取引については酷いとしか言いようのない結果になってしまいました。

手動トラリピの実現差益7,431円、実現スワップ益92円、合計実現損益7,523円

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com
2019年9月23日の週の手動トラリピ決済通貨、実現損益及び、スワップ益

今週もなかなか決済約定しない週でした。決算回数も少なめですが、ランド円とペソ円が全く約定しなかったのでスワップ益がたったの92円ととても少ないです。 
ただこの中で唯一他の通貨と逆の動きをするユーロ円は9月初めに運用プランを変更したのでその効果が出ています。 それまでは、120円未満は「買い」だったボーダーラインを115円までは「売り」に変更し、さらには通常は1000通貨で取引していますが、当面は2000通貨に変えています。
今回はこの効果が出たのでユーロ円だけで手動トラリピ全体の利益である7,523円の半分以上の4,036円の利益が出たのは良かったです。臨機応変にプランを変更しやすいのは手動のトラリピならではですね😄

イレギュラーな取引の実現損益-1,095円

2019年9月23日の週のFX裁量取引の決済通貨、実現損益及び、スワップ益

えーっと、ひで~~~なんだこりゃ~~~という結果です。
GBPJPY(ポンド円)とGBPUSD(ポンドドル)を練習でたまに取引しているのですが、
ポンド円で少しだけ利益が出たので、ついいつもの倍以上のポジションで取引してしまい、そこで大きく(あくまでもMasaT的には、実際は1万円以下)負けてしまいました😓  
私は裁量取引で勝てる力量はありません。
だからもっと少額で今後は練習しようと思います。
トルコリラについては少しの間保有していたものを決済したものです。
ドル円はNZDUSD(ニュージー、アメリカドル)の評価損がかなり積みあがってしまたのでリスクヘッジの意味で計画的に買ったものが自動決済されました。

結果的には、計画的な取引で得た利益を裁量取引で全部ふっとばし、さらには損を出しました 😓

3すくみ持合いのスワップ益3,035円

今週はプラスのスワップだけがもらえる日が1日あったのでスワップ益が大きく増えました。
さらに今週はじめに5万通貨のセットを追加しましたので、スワップ益は先週の倍以上になっています。
実はこの5万通貨のセットは投資用のお金ではありません。
3すくみ持合いはいつ決算しても成績が安定しているので、来月末に入用になるお金で追加運用をはじめました。普通預金に入れていれば利子は10円も付けば良いほうですが、1ヶ月だけ5万通貨のセットを運用しても2500~3000円程度の利益は期待できます

今週の実現損益:手動トラリピ7,523円、イレギュラーな取引-1,095円、3すくみ持合い3,035円  合計9,463円

今週も手動トラリピの実現利益は少なめでしたが、それでも安定した金額の決済がありました。ネットの他の方のトラリピ記録などを見てみると1週間で一度も決済しない人も多いです。毎週ある程度決済があるのはバランスが良い運用が出来ていていると自分では前向きに評価しています。
ここ数週間イレギュラーな取引で少しずつ資産を失っていますが、これは安定運用を目指す手動トラリピのポリシーとは真逆なので改めたいと思います。 裁量取引で結果を残せればすごく大きな利益が得られることは確かですが、自分がそこに到達するにはまだまだずっと先ということを自覚して、練習で取引する時は今後はごくごく少額にとどめます。
3すくみ持合いについては満足としか言いようがありません。 
手動トラリピをはじめて1年ですが、まだ資産を増やせたとは言い切れない状況です。
今後、また合計損益はマイナスに沈む可能性はかなり高いです。
その中で確実に利益が出て評価額もほぼ無視できる3すくみ持合いは本当にありがたいです。

9月28日時点での損益
実現損益:+372,220円(先週比+9,463円)
評価損益:-270,604円(先週比+4,237円)
合計損益:+101,616円(先週比 +13,700円)

評価額を含めた合計損益も今週は少しだけ増えて10万円を越えました 😄
今は高金利であるランド円とペソ円のポジションが積み重なっているので現状が続くだけも多くのスワップ益が期待できます。
この両方の通貨の暴落さえなければ運用に問題はないと考えています。
(またレートが下がってきたのが少し心配ではありますが)

今後の運用計画

あいかわらず NZDUSD(ニュージーランド、アメリカドル) の含み損は10万円を超えていますが今週はポジション決済もして少しだけ改善しました。 
今はリスクヘッジでのドル円買いやユーロ円の売りポジションの増額を行う中で評価額の変動状況を確認しています。 この一週間を見た限りでは、レートが全体的に下がっても(円高にふれても)前に比べて評価額の下がり具合が大分緩やかになりました。。
リスクヘッジの効果が出ていると考えられるので当面はこのまま運用方針を変えないでいこうと思います。

過去のトラリピ記録
ホーム

タイトルとURLをコピーしました