『めがねこFX』でご検索ください
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

それでも損しないFX 3すくみ手法

FX 3すくみ手法

最近はFX 3すくみ手法の効果が薄れてきて、以前ほどおすすめは出来なくなってしまいました。

でも、まってください。 お勧めできないのは利益率が下がってしまっているからであって、3すくみ手法で大損する可能性は皆無です。

今回はそれを証明していこうと思います。

尚、3すくみ手法の運用方法については手順をご確認ください。

損をする要因

FX 3すくみ手法は(ほぼ)毎日プラススワップを受け取れて、評価額は常に一定なので評価損もでない。 このため限りなく安全な手法なのですが、それでも損が出てしまう要因があります。

あえてそれをここで挙げてみますと以下になります。

①スプレッド差を回収する前にプラススワップ状態が終了(外的要因)
②スプレッドが大きく開いてしまいロスカット(人的要因、外的要因)
③早朝などのスプレッドが広いタイミングで決済(人的要因)


考えられるのはこれくらいです。 それぞれ、どの程度の損失になるか考えてみましょう。

スプレッドを回収する前にプラススワップ終了

FXにはスプレッドという問題がつきまといます。 FX 3すくみ手法では理論上1セットで100円程度の評価損状態からスタートします。

また、動かしている金額はやや大きめなので一瞬のタイミングでこのスプレッド損が1,000円くらいになってしまう危険性もあります(レートの動きが鈍い時に運用をはじめることを推奨しています)

これがまずスプレッド損の要因です。

【DMM FX】入金

そして現在1日約9円のプラススワップですがこの状態が終わってマイナスに転落する可能性もないことはありません。

もしスプレッド損を回収する前にこのプラススワップの状態が終わってしまうと、運用を停止しなければなりません。 その場合は多少の損が出ます。

結論としては、注意深く運用を始めれば100円程度の損、大失敗すると1,000円の損。そして、スワップがプラスではなくなると運用終了なのでその時点でプラスになっていなければ合計損益はマイナスということになります。

1000円程度の損をする確率=注意深ければほとんどありえない。

100円以内の損をする確率=2週間以内にスワッププラス状態が終わる確率は高く見積もっても10%程度、つまり損する確率は10%未満、しかも損失額は100円未満。

スプレッドが大きく開いてしまいロスカット

3すくみでは3つのポジションを持っていて評価損100円程度を常にキープしますが、スプレッドが開いてしまうと話は変わってきます。

常にスプレッドの分だけ評価額が損をしているので、スプレッドが開くと一時的に評価損を抱えることになります。

そして、その時に資金が足りなくなるとロスカットになってしまうのです。

一応、1セット資金17万円での運用を推奨していますが、もし16万円で運用した場合は、余剰資金は1万円になります。

この時、ドル円、ユーロ円、ユーロドルのスプレッドがすべて30PIPS開いてしまうとロスカットになる計算になります。

でも、みなさん普段のスプレッドが0.003円程度のドル円でその100倍の0.3円もスプレッドが開いたことを見たことがありますか? 私はありません。 あってトルコリラ円などのマイナー通貨だけです。

つまり、それだけスプレッドが開く確率なんて10年に1回もないでしょう。

そして、もしその万が一が起こった場合ですが、損失額は約1万円です。

推奨している資金17万円でしたら、各通貨ペアのスプレッドが65PIPSくらいまでは耐えられます。 もうここまでくると絶対ありえないと断言してもいいくらいありえないです。

【結論】ロスカットをすると1万円程度の損だが10年に1度以下レベルのありえなさ。資金を17万円にすれば絶対と言っていいくらいのありえなさ。

スプレッドが広いタイミングで誤って決済

まああまりないとは思いますが、人間なのでなにかの拍子で操作を誤ってスプレッドの広いタイミングで全通貨ペアを決済してしまうとやはり損失になります。

その場合はスプレッドの分損するのでスプレッドがかなり広いタイミングなら500円~2,000円くらい損する可能性もあります。

これは完全に人的問題なので気をつけましょうとしか言えません。

ただ裁量取引などをしている場合、評価損を5万~10万抱えている時だってめずらしくないと思います。

それに比べれば誤操作を起こしても損失は少ないです。

つまり結論は

現在だと年率1.9%程度しかないFX 3すくみ手法。利益は少ないけどリスクはもっと少ないです。 今からはじめても90%以上の確率で2週間以上はプラススワップが続くので、資金が増える確率は90%以上です。

運悪くプラススワップ状態が早期終了してしまったとしても、しっかりした運用をすれば損失は最大でも1,000円、ほとんどは100~200円以内。 つまり99%以上の確率で-1,000円以上の運用成績は残せるということです。

残りの1%はあなたがリスク管理をすれば0%にすることもできます。 それでも、なにかの拍子でこの1%の悪い結果が出てしまっても普通なら2,000円以内(スプレッド拡大時の決済)、ロスカットしても1万円の損です。

利益は低めだがリスクはもっと低い、それがFX 3すくみ手法なのです。だからこそ私はこの手法の運用を続けているのです。

0