『めがねこFX』でご検索ください
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

FX 3すくみ手法-週間スワップ情報(10月14日~18日)

FX 3すくみ手法

リスクほぼ0の確実投資、「FX 3すくみ手法」(3すくみ持合いから名称変更しました)の今週のスワップ日額報告です。

余談ですが、セントラル短資FXでは午後5時半前頃にスワップ額が発表されて、発表時にスワップも付与されます。

その日の朝の時点でポジションを保有していることが スワップ付与の対象となりますので、他のFX会社と比べると少しトリッキーな仕様になっています。

さて、最近効果減少中のFX 3すくみ手法ですが、今週は危惧していた水準よりは少し良い結果になりました。

10月14日の週のスワップ日額の推移

FX 3すくみ手法1セット(ドル円1.1万通貨売、ユーロ円1万通貨買、ユロドル1万通貨売)をセントラル短資FXで保有した時のスワップ日額のデータです。

日付スワップ額
14日86円
15日10.5円
16日10.5円
17日30.5円
18日-65円

今週は想定していたよりは良い結果になりました。

14日にスワップ額が多いのは、円絡みのマイナススワップが1日分なかったからですね。

また、18日がマイナスなのは今度は円絡みのマイナススワップが1日分多かったからです。 

つまり総合すると今週は全ての通貨ペアで同日数分のスワップが付与されました。

一週間の合計スワップ額は71円でした(切り下げを加味して計算)。 先週の時点では1日平均5円も覚悟していただけに、それに比べれば上々の結果でした。

今回もこの金額を元に恒例の利益率計算をしてみます。 71円÷7×365日なので年額だと約3,700円の利益が期待できます。 評価額を-100円と仮定すると年額3,600円の利益です。  

17万円投資で3,600円の利益なので計算すると利益率は年2.1%です。 定期預金などと比べるとはるかに良い数字なので、余剰金があればやっておいて損はない利益率ですね。

ちなみに投資金額ですが、16万円でもほぼほぼ大丈夫です。 

16万円でも、ドル円、ユーロ円、ユーロドルすべてのスプレッドが同時に25PIPS以上開かなればロスカットは起こりません。そしてこの3通貨ペアはそこまでスプレッドが開くことは少ないので、そんな事はまず起こらないでしょう。 

ただ万が一にでもその状態になるとロスカットになってしまい、1セットあたり1万円ほどの損失になりますので、念のため資金は17万円を推奨しておきます。

スキマ投資にFX 3すくみ手法を是非

利益率はそれほどでもありませんがお堅い投資のFX 3すくみ手法。 預金を資金のベースにしている人なら良いのでしょうが、投資をしている人なら物足りないと思うことでしょう。

私はこの投資法をスキマ投資に当てることを推奨しています。スキマ投資とは、投資資金のスキマにある今だけ使わないお金で投資する方法です。

→スキマ投資についてはこちらの記事を参考にしてください

FX 3すくみ手法は、9月から検証していますが、まだまだ一定の効果があります。 もし、FX 3すくみ手法を取り入れて、あなたの投資効率を上がるようであれば、私もブロガー冥利につきます。

0