『めがねこFX』でご検索ください
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

【図解】ブログの見出しタグ(hタグ)の正しいつけ方【ブログ初心者】

SEO
めがねこ
めがねこ

ブログって意外とむずかしい


こんにちは、初心者ブロガーのMasaTと申します。

いきなりですが、ブログって難しいですよねー。

ブログが難しいとおもうところ

・ルールを守らないと検索に乗らない

・ルールを守らないと検索順位が低くなる



ブログをはじめたばかりのわたしはすでに何回も失敗を重ねています….

ということで今回はそのうちの1つ見出しのつけ方について書いていきます。

見出しとは?

見出しというのは、ちょうど上の「見出しとは」と大きく書かれている部分です。

見出しをつけるときには、必ずh2~h6からタグを1つ指定するようになっています。

見出しタグ(hタグ)のルール

見出しタグはきれいな階層構造にするのがポイントです。

そうすると人間(読者)にも機械(Google)にも理解されやすくなり、検索の順位が上がりやすくなります。



このように検索の順位を最適化することをSEO(Search Engine Optimazation)といいます。

単純な構成の見出しルール

タイトル
文章

 見出し(h2タグ)
 文章
 見出し(h2タグ)
 文章
 見出し(h2タグ)
 文章



見出しの中でさらに段落に区切って小見出しをつけるときはこのようにします。

小見出しがある時のルール

タイトル
文章

 見出し
 文
 

見出し(h2タグ)
文章
 小見出し(h3タグ)
 文章
 小見出し(h3タグ)
 文章



小見出しの下にさらに小々見出しをつけたい場合はこうです。

小々見出しがある時のルール

タイトル
文章

 見出し(h2タグ)
 文章

 見出し(h2タグ)
 文章
  小見出し(h3タグ)
  文章


 小見出し(h3タグ)
 文章
  小々見出し(h4タグ)
  文章
  小々見出し(h4タグ)
  文章

見出しタグの悪い例

ここで見出しの悪い例をあげます。

例のような構造にしてしまうと、人間(読者)には理解できますが、機械(Google)には理解できないので検索順位に悪影響を与えます。

悪い見出しタグの例

タイトル
文章

  見出し(h3タグ)
  文章
  見出し(h3タグ)
  文章
  見出し(h3タグ)
  文章

悪い例ではタイトル(h1タグ)の下にいきなりh3タグが入ってしまっています。

このようにブログ内で1ヵ所でも階層を飛ばしてしまうとGoogleが内容を読み取りにくくなります。

見出しタグ(hタグ)は必ずh1(タイトル)→h2→h3→h4となるように順番を飛ばさないことが大切です。

見出しタグは正しくつけるクセをつけよう

見出しをつける時は、正しい階層構造にしないと検索順位に悪影響を及ぼしてしまいます。

ブログ初心者の方は、早いうちから正しく見出しタグをつけるクセをつけましょう。



はじめのうちは見出しの字の大きさやデザインだけに目がいってしまいがちです。


見出しタグは読書に見た目で階層構造を伝えるだけではなく、機械(Google)にも階層構造を知らせていることを常に意識しましょう。


慣れれば自然にできるようになってきます。

1+