手動トラリピ用資金の有効活用

マネーリテラシー

手動トラリピを行う際は資金管理がとても大切ですよね。

トラリピには大きくわけて、損切りをする方法損切りせず耐え続ける方法
2つがあると思いますが、MasaTは損切りしない方法を取っています。

この方法だと特に資金管理が大切で、もし資金計算を誤って予想を超える
暴落に巻き込まれてしまうと資金が0、いや下手すれば追証金を
払わなければならなくなってしまいます。
ですから基本的には資金に余裕を持って手動トラリピを行うべきです。

手動トラリピは最低でもここ5年の最安値、最高値にも耐えられる資金で行うべき

ネットショッピングでポイントが貯まる!

基本的に余裕を持った資金で手動トラリピを行うということは、
少なくとも5年以上でのスパンでのレートの最安値、最高値
には耐えられる資金で行うべきです。
もちろん、リスクをとってもっと積極的に攻めても良いのですが、
相場はいつ風向きがかわるかもわからないので、
リスクをとると当然資金が全部なくなる確率が増えます。

安全を喫する人は史上最安値より更にレートが下がっても
(売トラリピの場合は上がっても)耐えられるように設計しますし、
安全に資金を増やしたければ是非そう設計すべきです。

当面の余剰資金を活かす方法を考える

ただし、資金に余裕を持てば持つほど資金効率は悪くなります
暴落を想定しているということは暴落(暴騰)が起こらない限りは
その資金は不要であることを意味します。
要は必要なことは暴落(暴騰)が起こった時、
速やかに資金を投入ができることが大事なのであり
常にFX口座にトラリピ用のお金をすべて入金している必要はないのです。

つまり余剰の資金はいつでも投入できる場所に置いてさえおけばよいのです。

楽天銀行の普通預金で余剰資金を運用する

私は今のところ余剰資金は楽天銀行に入れています。
運用などというとだいそれていますが、
楽天銀行は少しのテクニックを使うだけで普通預金の金利を0.1%にできます。
つまり暴落や暴騰まで使わない手動トラリピ用の資金
は楽天銀行に入れておけば0.1%ですが利子がつくということです。
定期預金と違い普通預金なのでいつ引き出しても金利は日割でもらえます。
ですから、手動トラリピの口座の維持率が下がってきたら
資金の一部だけ楽天銀行から資金を移動するということもできます。

別に楽天銀行でなくても資金がいつでも投入できる場所でさえあれば
どこに資金を置いておいてもよいのです。
ただ、FX口座に当面は不要な余剰資金をいれていると
そのお金は遊んでしまうので
どんな方法でもよいので少しでも運用したほうが資金効率はあがります。

楽天銀行で預金金利を0.1%にあげる方法は
このブログではあえて詳しくは書きません。
簡単に言えば下記のステップを踏めば完了します。

  • 楽天銀行に口座を作る
  • 楽天証券に口座を作る
  • 楽天銀行-楽天証券でマネーブリッジの設定をする

もし詳しく知りたいのであれば下のリンクを参考にしてください。

【金利UP】楽天のマネーブリッジはデメリットなし!やり方・設定方法を図解

セントラル短資FXの口座があるなら3すくみ手法が有効

もし、あなたがセントラル短資FXに口座を保有しているのであれば、FX 3すくみ手法が有効な間は楽天銀行の何倍もの利益を得ることができます。
やり方はとても簡単ですので、資金活用したい方は検討してみてください。
【手順】FX 3すくみ手法

タイトルとURLをコピーしました