リスクヘッジ

投資法比較

円高なんです! リスクオフなんです。 どんなにあがいても流れは簡単には変わらないんです。えらいこっちゃ

この1年の自分の手動トラリピの取引を振り返ると……

決済注文ど~ん!、実現利益どんど~ん!、いいぞいいぞ♪、あれ?あれあれあれ、含み損どどどんのど~ん!助けて~ドラえも~ん という感じです😭

こうなってしまった理由はトラリピしている通貨のバランスが悪かったからなんですよね~。 円高になるとみんな撃沈するように6通貨中5通貨が対円での取引、しかもしかもすべてが「買い」のトラリピ(ユーロ円も120円までは売りでしたが120円以下からは買いに変更)という中々の自殺行為でした。 まあ買いで持ってるのは安値圏と見込んでいるから自殺行為はちょっといいすぎかもしれませんが、今のように段々円高になってくると含み損が増えてきて…….パトラッシュ、ボクなんだかドキドキしてきたよ…..🤣

しか~し

ただ手をこまねいて見ているだけのMasaT様ではありません(自分に様をつける人って大体自己中野郎なので相手にしないほうがいいですよ) ここで大々的に(本当は1人でこっそり)ユーロ円売トラリピ倍々作戦円高だけどドルも高いんじゃね?作戦を決行したのであった😀

ユーロ円売トラリピ倍々作戦!

今までユーロ円は1ユーロ120円以下の時は0.5円下がるごとに1000通貨ずつの買いでトラリピを行っていましたが、なにせランドも含み損、カナダドルも含み損、他の通貨もみ~んな含み損、ここであれ?ユーロさん、120円以上だったこの前までは孤高の戦士として500円ずつボクにおこづかいをくれていたのに、なぜ今になってMasaTに牙をむくの?というわけでユーロは安値圏というほどでもないのでまだ売トラリピでも大丈夫そうなことに気づく。 よしよし今は118円だな、それならここからはおまえを売りさばいてやるぜ!とまた売りのトラリピに戻しました。 しかもこの時点でた~っぶり含み損があるので、ちょっとくらい多めにトラリピしてもいいよね? よね?ってわけで(誰に承諾を得ようとしているかは謎 たぶんイマジナリーフレンドか飼い猫だと思われる😅)

作戦1 :117.5円~117円 0.25円ごとに2000通貨売、0.5円下がったら決済

作戦2 :とりあえず適当に15000通貨売、適当に下がったら決済(これ作戦なの?)

作戦3 :117円になったら115円まで、0.2円ごとに5000通貨売、0.5円下落で決済

と3段作戦を実行! ただいま、作戦1、作戦2が完了し作戦3の途中ですがこの間に決済が9回で合計18686円の損益 やったぜ父ちゃん! まあ全体の含み損は以前より増えているんですけどね(汗) それでも傷が浅くなったことは大きいです。 あと今回の作戦は全く同じようにリピートはしません。 特例ということで今後はユーロ円を売でトラリピはしますが単位は2000通貨にすることにします。

円高だけどドルも高いんじゃね?作戦

今はリスクオフで円も高いのですが、他の通貨に比べるとドルも結構強いんですよね。ですから軽くユーロドルとポンドドルを売ってみました。 これもリスクヘッジの考えで今後円高(ドル高)が進んで含み損が増えるならユーロドル、ポンドドルもレートが下がるであろうと予想できたからです。 結果は4回決済して7981円の損益でした。 パチパチパチパチ。 本当はもっと注文を入れても良かったのですが、トラリピしてる通貨以外で含み損を出して塩漬けにしてしまうと本末転倒なので追加注文はやめておきました。

さてリスクヘッジ作戦はいかがでしたが? 普通のトラリピの口座ではなく、裁量取引と同じ口座で取引しているからリスクも見えやすいし、ヘッジで注文も出しやすいのかな?と自分では考えています。今後、含み損がどんどん膨らんでしまうと怖いですがとりあえず追加で26000円以上の損益を得たのでよかったと思っています(尚、今回報告した損益の一部はすでに9月1日時点の実現損益に含まれています)
タイトルとURLをコピーしました