『めがねこFX』でご検索ください
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

スワップ?なにそれ?おいしいの?-検証してみた

比較や検証

こんにちは~MasaTです。 今、メキシコペソ円やらランド円やらの運用をしてまして、スワップがたくさんたまってウマ~状態なんですけど、この前ふと思ってしまったんですよね。

あれ?今まで合計でどのくらいスワップもらってるんだろ?ってね。

というわけで、手動トラリピをはじめた2018年9月から今まで毎月スワップをどれくらいもらっていたのか検証してみたいと思います。 レッツゴー♪

スワップの計算方法

軽くスワップの計算方法を確認しておきます。 まずそれぞれの月のポジション決済時に受け取ったスワップ益をプラスのスワップとマイナスのスワップにわけて計算していきます。

そして、最後に現在保有しているポジションのスワップ(含みスワップ益)を含めれば全部のスワップがわかります。

途中トルコリラを買で保有していた時期があり、トルコリラ円は飛びぬけてスワップポイントが高いので、含めるかどうか迷いましたが、そこまでたくさんのリラ円は保有していなかったし、売りで保有していたこともあったのでリラも含めることにしました。

尚、FX 3すくみ手法はむしろスワップが利益のほぼすべての投資法であり、毎週実績報告をしていることから今回は除外します。 それでは行ってみよう!

2018年9月~12月末までのスワップ額

プラススワップマイナススワップ
9月4,370円-650円
10月10,815円-2,322円
11月5,595円0円
12月719円0円
2018年合計21,449円-2,972円

2018年の9月から手動トラリピをはじめたのですが、この頃から10月まではトルコリラ円の取引もしていたので、プラスのスワップ額も多いし、マイナスのスワップ額も多いですね。

それとは対照的に11月からはプラスのスワップがもらえる手動トラリピだけをしていたので、マイナススワップは0円になっています。




結果はプラススワップが21,449円、マイナススワップが2,972円なので2018年は差し引き+18,477円でした!

スワップはかなり存在感がある金額でした。 2019年はどうなるでしょう?

2019年1月~10月19日現在までのスワップ額

2019年のスワップ額は月によって運用上の特徴があるので、それぞれ見ていきましょう。

プラススワップマイナススワップ
1月7,908円 0円
2月11,589円 0円
3月4,381円 -36円
4月7,497円 -73円
5月1,333円 -42円
6月2,811円 -1,067円
7月2,411円 -881円
8月26,159円-70円
9月9,816円-293円
10月集計分5,562円-8,340円
2019年合計79,467円-10,802円

まず2019年3月からUSDNZD(米ドル/NZドル)の運用をはじめました。

この通貨ペアの買いスワップがマイナスだったので3月からマイナススワップが発生しはじめました。

8月はプラスのスワップがかなり高額になっていますが、これにも理由があります。 

8月の下旬に保有しているメキシコペソ円を一度決済して、別のFX口座に引越しをしました。 

決済時に保有していたすべてのメキシコペソ円のスワップを受け取ったので合計するとこの金額になりました。

また、10月上旬には USDNZD(米ドル/NZドル)の運用をやめ全決済しましたね。 その影響で10月のマイナススワップはかなり大きい額になりました。


2019年の10月19日までの実現スワップ益はプラスが79,467円、マイナスが10,802円だったので差し引き+68,665円でした。

ユウロ・エンウリ

私はあまりスワップもらえませーん。 スーパーサブです。

現在の含みスワップ益を足した合計スワップ額

さて、すべての決済スワップ額が出たので、ここで現在保有しているポジションの含みスワップ額も見てみましょう。 

現在の含みプラススワップ額は67,109円、マイナスはありませんでした。

それでは去年9月からの合計スワップ額を計算します。 プラスのスワップは2018年が21,449円、2019年の決済スワップ益が79467円、含みスワップ額が67109円で累計プラススワップは168,025円

マイナススワップは2018年が-2,972円、2019年の決済スワップ益が -10,802円、含みスワップはないので、累計マイナススワップは-13,774円

プラスとマイナスの差し引きは154,251円

スワップはおいしい

2018年9月からの私の合計損益は現在約+20万円です。 保有ポジションの評価額を含めなくても+32万円ほどです。

その中での差し引きスワップ約154,000円は利益の大きなウエイトを占めるので、スワップというのは手動トラリピ、いやどんなFX取引においても非常に重要なものと言えるでしょう。

私の場合はマイナススワップのUSDNZD(米ドル/NZドル)の運用で失敗したから、余計にこう感じるのかもしれませんが、改めて、運用上よっぽどのメリットがある場合でなければ、手動トラリピはプラススワップのものを選んだ方が利益があがると思います。

トラリピには、同じ通貨ペアを売りと買いでトラリピしていくというハーフ&ハーフという手法があり、この手法もとても効果的ではありますが、私はハーフ&ハーフでマイナススワップの通貨ペアを持つくらいなら、むしろ他の通貨ペアでプラススワップで運用できるものがないか探します。

結論として、今まで想像を超えるプラススワップを得ていたので、私は今後もスワップ額を重要な要素として手動トラリピの運用をしていきたいと思います。

0