『めがねこFX』でご検索ください
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

FXの投資法比較-サヤ取り、トラリピ、スワップ投資

比較や検証

FXで勝つのは難しいですよね。 チャートを読んで相場を予測できれば大きく儲けることができますが、結果を出せる人はごく一部です。

昔は相場予測が出来る人だけがFXで勝てると考えられていた時代もありましたね。

それとは別に10年ほど前から、トラリピなどの自動売買系の取引がはじまり、FXはだんだんチャート予測、相場予測ができなくても勝てるようになってきました。

今回は、予測を必要としない、FXのサヤ取り、トラリピ、そしてスワップ投資のそれぞれの特徴を評価してみようと思います。

評価は安定度、利益率、リスクを指標にして5段階評価とします。 最後に普通の取引である裁量取引と比較することで、他の投資法がどのような特徴を持っているか比較してみます。

評価の基準

まずは評価のそれぞれの項目を説明します。 

安定度は勝てる確率です。 もっと簡単に言うと取引をして決済した時に損益がプラスになる確率と言い換えてもいいですね。

利益率はその手法でどの程度の利益が期待できるかの指標です。手法によって取引頻度が違うのであえて1回の取引での利益率ではなく総合の利益率を評価してみました。 これは言い換えると一定の資金に対してどの程度の利益を得られるかを表した指標になります。

最後にリスクです。 投資を失敗して損をする確率と損をした時の損失額の目安をリスクで表しました。 

それではそれぞれの投資法を評価していきましょう。

*評価は私個人の意見です。

FXサヤ取り

サヤ取りは元々は、片方は売り、片方は買いのポジションを持って、その差額で利益を狙う投資法です。 最近では売り買いを両方持つことはかわりませんが、レート差益ではなく、スワップ差益を狙う投資法が多いです。 サヤ取りにもいろいろありますのでそれぞれの利点、欠点を見ていきましょう。

同通貨ペア、異業者でのサヤ取り

安定度 ⭐⭐⭐⭐
利益率 ⭐⭐
リスク 🏴‍☠️🏴‍☠️

FXは業者によってスワップ額にかなりの差があります。 この投資法はプラススワップが高い業者の口座で通貨ペアを買い、マイナススワップが安い業者で同額の通貨ペアを売るという投資法です。

この、プラススワップ>マイナススワップの状態が続く限り、毎日スワップの差額が利益になるので、かなり確実な投資法といえます。

同じ通貨を取引しているので、このスワップ差額は残念ながらそこまで高額にはなりません。 ですから、この投資法ではできるだけ沢山通貨ペアを買い、同じだけ別の会社の口座で通貨ペアを売ることで総合的な利益を増やすことができます。

この投資法の欠点は、口座の評価額を常に確認してロスカットを避けなければならないということです。 といいますのも、総合ではスワップ差の分、利益が重なっていきますが、実際は片方の口座に利益が積もり、もう1つの口座は評価額が大きくマイナスになることが多いからです。

このため、一度運用をはじめた後、ロスカットの危険性が高まった段階で、追加で口座にお金を入金するか、一度両口座のすべてのポジションを決済して、口座間のお金のバランスをとったあと、また1から運用をやり直す必要があります。

ほぼ確実に資金を増やせる素晴らしい投資法なのですが、常にロスカットと向き合う手間とリスクがあります。

ズロチユーロのサヤ取り

安定度 ⭐⭐⭐
利益率 ⭐⭐⭐
リスク 🏴‍☠️🏴‍☠️🏴‍☠️

ここ最近流行っている投資法です。 ポーランドズロチとユーロはかなり相関性が高くほとんど同じような動きをするので、ユーロを売って、ユーロと同額分のズロチを買えば、スワップ益が出るという投資法です。

2019年10月現在ではユーロ円売もプラススワップのFX業者があり、ズロチもプラススワップなのでリスクが低く多くのスワップ益が得られるのが人気の秘密です。

ただし、この投資法にも欠点があります。 それは、ユーロとズロチは相関しない時期もあるということです。

かなりの相関性がありほとんどが1ユーロ=4~4.4ズロチに収まっているのでうまく取引をすれば、逆に為替差益も狙える利点となるのですが、運用方法が悪く1ユーロ=4ズロチのレートに近いところでこの運用を初めてしまうと、将来スワップは増えても評価損に悩まされる可能性が高くなります。

【番外編】異通貨ペアのサヤ取り

異通貨ペアで相関係数が高い通貨ペアを探して研究、実践をしている Forex Correlation Laboratoryのブログを紹介します。

マイナー通貨で有名なズロチユーロよりさらに良い通貨ペアを探して実践されています。

サヤ取りに興味がある方でしたらとても参考になるサイトです。

かさこじ

たくさんの方法がありますね。 誠実なものに幸きたるです。

FX 3すくみ手法

安定度 🌟🌟🌟🌟🌟
利益率 ⭐
リスク 🏴‍☠️

3つの通貨ペアを1つの口座内で運用して、スワップ益を得る投資法です。 1つの口座内で運用するので適切な資金があればロスカットの心配もなく、合計のスワップ額がプラスである限り確実に資金が増やせます。 

やり方さえ合っていれば確実に資金が増やせる素晴らしい投資法なのですが、その分利益は低めです。

また、これは同通貨ペア異業者のサヤ取りでも同じことが言えますが、今後のスワップ額の変動によっては利益が出なくなり、運用見直しが必要な場合もあります。 

現在、私はこのFX 3すくみ手法を運用していますが、今のところ利益率は年1~2%くらいのスワップ益で推移しています。

とにかく確実なのがこの手法の一番大きな利点です。

トラリピ

安定度 ⭐⭐⭐
利益率 ⭐⭐⭐⭐
リスク 🏴‍☠️🏴‍☠️🏴‍☠️🏴‍☠️

トラリピとはマネースクエア社が提供するトラップ&リピートの略で、少額を一定の値幅で売り買いを繰り返して利益を上げる投資方法です。 最近は他に何社も同じような自動取引を提供しているので、総称してリピート系自動売買と呼ばれています。 私もトラリピと表現してはいますが、リピート系自動売買、そして手動売買をも含めたリピート系売買全般の意味でこのトラリピという言葉を使っています。

トラリピの基本戦略はほんの少しずつポジションを持ち、価格が下がったたら追加でポジションを持ち、一定幅ポジションの価値が上がったら決済するというサイクルを繰り返して利益をあげる手法です。

トラリピにもいくつかの方法がありますが、一番ポピュラーで利益が出るとされているのは、絶対に損切り(損をする決済)はせず、価格が下がったらずっと買い下がってく方法です。

為替レートは上下していて必ず元の位置に戻ってくるという前提の元、トラリピは運用されています。

基本的にトラリピは必ず損益が増えていく投資モデルなので安定して利益を得やすいですが、自分の計画から外れるほどの為替変動が起こると全財産を失ってしまうという諸刃の剣です。

このため、多くの人はかなり安全に運用できるよう計画して運用しています。 安全を取れば利益率は下がり、利益率を求めると、ロスカットされる可能性の高いのがトラリピです。

かなり安全に運用計画しても、少額ながらほぼ100%(マイナススワップを長期保有していた場合のみ例外)決算利益を得られるので利益率は高めです。

スワップ投資

安定度 ⭐⭐
利益率 ⭐⭐⭐⭐
リスク 🏴‍☠️🏴‍☠️🏴‍☠️🏴‍☠️

スワップ投資とはプラスのスワップが付与される通貨を持ち続け、スワップの利益を追求する投資法です。 特に初心者にとっては一見スワップ投資はとても良い投資法に思えますので、初心者でこの投資法を行っている方も多いでしょう。

しかし、スワップが高い通貨は時間とともに価値が減少していく傾向にあるので注意が必要です。 スワップ投資はその通貨が今後も著しく価値が減少しないという前提においてのみスワップ益を享受することができます

もちろん、スワップ(その国の政策金利と比例)が高いからといって必ずしもその通貨の価値が下がるわけではないので、価値がさがらない通貨、もしくはスワップの利益よりは通貨価値の減少が緩やかな通貨を選べば利益をあげることができます。

裁量取引

安定度 ⭐
利益率 🌟🌟🌟🌟🌟
リスク 🏴‍☠️🏴‍☠️🏴‍☠️🏴‍☠️🏴‍☠️

いわば普通の取引です。 通貨の価値が上がるのか、下がるのかを予測しポジションを取ります。

チャートが読めたり、世界情勢が読めたりして、今後の通貨の価値の上下が確実にわかるのであれば、それこそ1日で生涯必要なお金を稼ぐことも不可能ではありません。

しかし、予想が外れると損を被るので一番知識と経験が必要になる取引です。 そして、その知識と経験でさえ未来には通用しない場合もあります。

FXで数億~数十億単位の大きな財を築いた方はほとんどがこの裁量取引でトレードをしています。

しかし数億円稼いでも、その後その数億円をすべて失ってしまうことが珍しくないのもこの裁量取引です。

尚、裁量取引にもいくつかの方法がありますが今回は割愛させていただきます。

安定度と知識、経験の必要性は反比例

一昔前はレートの上下を予測できるか(裁量取引)、スワップ額が高くて将来価値が下がらない通貨を見極められる人(スワップ投資)くらいしか、FXで利益をあげ続けることが難しい時代でした。

現在はそれに加えて、プラススワップの方がマイナススワップより多いFX業者を知っている(サヤ取り)、通貨の長期レートが大体どのくらいに収まるかわかる(トラリピ)など、一昔前とは違ったちょっとした知識や情報を知っているだけで利益を得ることが可能になりました。

裁量取引を除き、今回紹介した投資法に必要な知識や情報を得るのはそれほど難しくありません。 投資法によっては判断が必要なものもありますが、もしこれからFXをはじめるのであれば安定度の高いものからはじめていけば、確実性の高い投資を行うことができます。

0