FX 3すくみ手法【稼動終了】実働6日間

先週に稼動をはじめたFX 3すくみ手法ですが、スワップの急変により予告通り稼動を終了しました!

マネースクエア_豪ドル/NZドル
目次

12月23日と24日のスワップ額

23日はドル売りのマイナススワップがなかったので月曜日に決済することはやめました。

ですが本日12月24日も予想通りマイナススワップでした。

スワップ額を一日に換算しても-0.83円でしたので運用をやめることにしました。

FX 3すくみ投資法の実績

投資を終了したので6日間の実績をご紹介します。

EURJPY買は2つにわかれています

【投資期間】
2019年12月18日~12月24日(6日間)
【投資額】
119万円(7セット)
【決済差損】-2,951円
【スワップ益】+1,540円
【合計利益】-1,488円

なんということでしょう!

スワップ益は+1,540円でむしろ想定以上でしたが、決算差益が-2,951円と大きなマイナスになってしまいました。

運用をはじめてからスプレッドの低いときに何回か計算した時はおおむね-700円くらいで推移していたので、評価損の基準は-700円くらいで間違いありません。

ただし、決済した時に何秒かタイムラグがでたのでそれで評価額が変わってしまいました。

キャプチャーした画像の約定日時を見ると9秒のギャップがありました。

ここらへんはもう運なので仕方ありません。

レートが逆に動く可能性もあり、その場合は逆に評価損は減ったいたはずですので…..

FX 3すくみの有効性

さて、たった6日で終わった今回の3すくみですが有効ではあるものの、FX会社のスワップ額の変更があまりにも頻繁であったためにあまり良い結果になりませんでした。

ただし、今回のようにうまくいかなくてもほとんど損を出さないことは実証できたと思います。

私自身、決済するまでは数百円程度でもプラスで終わると予測していたので、マイナスの結果になってしまいびっくりしています。

大きなレート変動でなくとも運用している通貨の量が多いと一瞬のレート変動の影響を受けてしまうということですね。

0

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる