ドルフラン(USDCHF)手動トラリピ実績-とうとう運用1周年を迎えました

PVアクセスランキング にほんブログ村

2020年に行ったバックテストで非常によい結果が出たドルフラン(USDCHF)

2015年のようなスイスフランショックの危険性はあるものの、そのポテンシャルに魅了され2020年7月8日から運用をはじめました。

でも2020年12月にはとうとう想定レンジを割れ大赤字に転落・・・・

めがねこ
めがねこ

単通貨ペア運用だったら「終わった」・・・と思うレベル

そのままガマンして運用していたらレートが大きく上昇し一時は純利益が14万円を突破!

めがねこ
めがねこ

ホクホクやった~

このUSDCHF(ドルフラン)は狭い範囲に大きめのポジション仕掛けているので、成績はいつも乱高下

今回はどうなったでしょうか?

ドルフラン(USDCHF)手動トラリピ12か月の確定利益 +51,860円

2020年7月8日~2021年6月5日までの運用結果をグラフにしました。

今回は前回から確定利益を大きく伸ばし、合計+51,860円となりました。

前回までの3か月間は確定利益が1円も出ていなかったので感慨深いです。

なお2020年12月に確定利益が大きくマイナスなのは、あまりにも評価額が悪かったので年末の損出しの対象にさせてもらったためです。

損出しとはFXで損が出ているポジションを決済して納税額を減らすテクニックです。

ドルフラン(USDCHF)手動トラリピ12か月の純利益

12か月間の純利益の推移です。

グラフが月末で区切られておりわかりにくくなっていますが、今回は純利益が前回より10万円以上ふえました‼

ごうどん
ごうどん

やったどん

マイナス、プラス、マイナスと波のように純損益がいったりきたりして、またプラスに戻ってきてくれて嬉しいです。

運用期間1年、平均資金は55万円ほどなのでこの+102,884円という純利益はかなりの好成績になります。

運用期間12か月
確定利益+51,860円
ポジション評価額+51,024円
純利益+102,884円
ちゃっぴ
ちゃっぴ

ちなみに通常トラリピではポジション評価額はめったにプラスにならない

これだけポジション評価額が高いのは損出しによって低いレートでポジションを取り直したからだよ

ドルフラン(USDCHF)手動トラリピ過去の実績

過去の確定利益、評価額、純利益の記録をこちらに記しておきます。

グラフだけではわかりにくいかった細かい情報も数字でわかります。

ドルフラン(USDCHF)手動トラリピの運用設定

ドルフラン(USDCHF)のトラリピ設定はハーフ&ハーフが基準になっていましたが、レートが大きく下がってしまったので途中から買いだけのトラリピに変更しました。

近年スイスフランは価値が高騰しているので、当初から少しだけレートを下にずらして運用しています。

2ターンが終了した感のドルフラン(USDCHF)運用

画像はFreepik Storiesより

ドルフラン(USDCHF)のレートは運用をはじめてから半年間さがりっぱなしでした。

でもガマンして運用していたら2021年に入ってレートが上昇する兆しが見え、2月後半から3月にかけて大きく上昇したくさんの利益が確定しました。

そして、その後はトラップレートの上限付近から大きく値をさげ、先月まではまた含み損がふくらむステージに戻っていました。

そこから、今回はまたたくさんの利益が確定し1年の間に下げ➡上げのターンが2回繰り返されました。

前回は「絶対レートが大きくあがる【言霊】」と言いましたが、その通りになり一安心です。

今後の動向はわかりませんが、レートが大きく下がる前にあと2回くらい利益が確定すればいう事ありません。

めがねこ
めがねこ

いつでもスマイルしていたら状況が好転するよ

USDCHF(ドルフラン)のおすすめFX口座①

安定の高スペック
LIGHT FX
売りにも最適

USDCHF(ドルフラン)のおすすめFX口座②

1通貨からが嬉しい
SBIFXトレード 
もちろんスペックも最上級

投資するペンギンさんに作っていただきました♪
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よいと思ったら広めてね!