25万円からはじめるサイドFIREプラン登場!CLICK!

トラリピの利益率を9通貨ペアでランキング‐アイツがまたまた大暴れ

PVアクセスランキング にほんブログ村

トラリピを運用したら年利は何%くらいになるんだろう?

そんな疑問を持ったことはありませんか?


めがねこはFXで確実に利益が出る手動トラリピを運用しています。

全通貨ペアの中でいちばん有望な通貨ペアを探すために、この利益率ランキングは生まれました。

9通貨ペアになって、さらに争いが熾烈になったトラリピ利益率ランキング

さて今回の結果は?

めがねこ
めがねこ

目次から直接ランキングに飛べるよ

目次

利益率をランキングする方法

年利(年間利益率)に換算してランキングします。

ランキングの対象は決済利益のみ。

なお、現在は2つの通貨ペアの運用を一旦終了しています。

終了した通貨ペアについても、運用していた時の利益率を元にランキングしていきます。


この利益率ランキングでは評価損益(含み損)は無視します。

めがねこは、この利益率ランキングがトラリピ投資の成果を確認するのに最適だと考えています。

利益率ランキングでは損出しや、FX口座の移動など、ポジションを決済したものはすべて成績に反映されます。

よって、厳密には純粋な利益ではない決済も含まれます。

場合によっては、一時的な決済の影響を受けない純年利ランキングの方が実態を正確に反映している事もあります。

9通貨ペアの運用設定

画像はhttps://storyset.com/より

運用設定については運用設定の記事にまとめています。

運用が終了したものも、どのような設定で運用していたかがわかります。

ちゃっぴ
ちゃっぴ

それではランキングのはじまりはじまり~

第9位 ロシアルーブル円【1.57%】

前々回からランキングに参加したロシアルーブル円は今回も最下位

ただし、今回は2021年6月9日に運用をはじめてからやっと利確が発生しました。

それも3回も

なお、カウントはしていませんがスワップもモリモリと増えています。

まだまだここから!

半年近くもお荷物状態だったUSDCHF(ドルフラン)はその後大きく利益を伸ばしました。

ロシアルーブル円にも大器晩成型の成績を期待しています。

第7位 メキシコペソ円【10.65%】

ずっと確定利益のないメキシコペソ円はさらに順位がさがり、とうとう7位になってしまいました。

利益率もそれに合わせて少しずつ後退・・・

それにしても利益率が10%を超えているのに7位とはどれだけレベルが高いのか?と自分でもびっくりしてしまいます。


このメキシコペソ円の手動トラリピは代用FXという手法で株とFXの利益の両取りを狙っています。

資金は60万円ですが、その資金内で50万円分の株も保有しながらこのメキシコペソ円を運用しており、とても効率がいい投資が実現できています。

株の方は評価額も上がり、この前は2万円超えの決済益も発生しました。

総合すると代用FXのメキシコペソ円はかなりよい成績をあげていると言えそうです。

スマホではタップで拡大

システムの都合上、メキシコペソ円のスワップ額は決算後では把握しにくい期間があったため、1度概算スワップを加味しました

ランキングにはブログ開始前の12か月の利益額44050円も含みます

コロナショックを乗り越えて資金が少なくてすむ手動トラリピ設定への移行が完了してからは、安定した運用を続けているメキシコペソ円。

確定利益はあまり出ていませんが、ポジションを保有しているだけで日々スワップが貯まっていくので、安値にさえ気をつければ扱いやすい通貨ペアです。

第6位 南アフリカランド円【11.12%】

じわじわと成績をあげている南アフリカランド円は、今回は1つランクをあげて6位

レートが下落基調ですが、値動きの大きさから確定利益が何度か発生しています。

値動きが大きい=トラリピ向き?

画像はタップで拡大

レートは運用開始時が約7.7円、9月末が7.45円と下落基調です。

それでも、総合的にみてかなり健闘していると考えられるので今後の飛躍に期待が持てそうです。

第5位 カナダドル円【13.94%】

すっかりこの順位が定位置になってしまった感のあるカナダドル円

今回もまたまた5位のままです。

なおこのカナダドル円は5月に運用を一旦終了したので、利益率は変わっていません。

運用を再開するまでは、運用終了時の13.94%という利益率でランキングに参加し続けます。

カナダドル円手動トラリピの確定利益の推移
スマホではタップで拡大

利益額にはトッピングリピートや先リピの分も含んでいます

ランキングにはグラフに含まれていない、ブログ開始前の10か月とその利益額48,293円も含みます

カナダドル円は、2020年9月末から利益幅を2.6円という類を見ないほど広いものに変更しています。

そこからは、元々は10%以下だった利益率が総合で13.94%になるまで上昇してくれました。

この広い利益幅はバックテストの結果を参考に設定したものですが、やはりバックテストは信頼性が高いと感じてします。

めがねこ
めがねこ

いまのところ、バックテストの結果がとても信頼できるということを、実績でも証明しつつあります

カナダドル円は安定度もバツグンで、なおかつクロス円でレートがわかりやすいのが特徴です。

はじめてトラリピを行う人に特にオススメしたい通貨ペアです。


めがねこの2年半のカナダドル円の(手動)トラリピの集大成は専用のページにて解説しています。

第4位 NZDUSD(NZドル/米ドル)【18.34%】

NZDUSD(NZドル/米ドル)は順位こそ4位のままですが、また利益率が向上しました。

有名トラリピブログでは2021年はボラが少なく年利10%もいかないとなげいているなかで、2020年の11月から運用しているNZDUSDでここまでの成績を出すことに成功しています。

まさにトラリピは設定が命だということを体現してくれているような通貨ペア

利益や評価額の安定度も素晴らしく、NZDUSDは外貨同士であることにさえ慣れることができれば、非常にトラリピ向きの通貨ペアです。

ぜひ、やったことない人には挑戦してみてほしい通貨ペアです。

画像はタップで拡大

ここまでの決済利益は80,260円

NZDUSDはめがねこの手動トラリピではめずらしく110pips(1,1円相当)の狭い利益幅で運用をしています。

めがねこ
めがねこ

それでも一般的なトラリピと比べると広めだけどね

このNZDUSDはSBIFXめがねこで以前から好成績が出ていた通貨ペアを逆輸入のような形で採用しました。

当初はSBIFXめがねこの方が利益率がよかったのですが、こちらのNZDUSDの成績もだんだん追いついてきた感があります。

第3位 USDCHF(ドルフラン)【21.55%】

前回は一気に3つもランクをあげ3位まで浮上したUSDCHFでしたが、今回もしっかりと同じ順位に留まりました。

利益率は19.33%から21.55%とさらに上昇しているので、留まるというよりはさらに上を狙えそうな勢いです。

タップでグラフが拡大⊕

2020年7月8日~2021年10月2日までの決済利益は+156,276円

今回はさらに多くの利益を確定させることに成功

今、もっともノリにのっている通貨ペアがこのドルフラン

よりよい条件のFX口座で運用すべく、8月にすべてのポジションを決済してセントラル短資FXへと移動したことにより、スワップ益がモリモリ増えているドルフラン

運用をはじめてから半年以上も大赤字でしたが、途中で修正を行いながら信じて運用しつづけてきて本当によかったです。

第2位 人民元円【24.83%】

運用ははじめたばかりの時はコロナショックでつまづいたものの、その後は終始たくさんの利益を運び続けてくれた人民元円(オフショア人民元)

2021年5月27日には、とうとうレンジを上抜けして運用が終了しました。

最後は利益率24.83%とすさまじい数字を叩き出し、有終の美を飾りました。


また、運用を再開するまではこの成績を元にランキングに参加しつづけます。

人民元円手動トラリピの確定利益の推移
スマホではタップで拡大

たった1年半の運用で20万円以上の利益を運んでくれた人民元円には脱帽です。

この圧倒的な成績はまさに「手動トラリピここにあり」と誇れる成績


手動トラリピならではの先リピという施策と合わせて、人民元円は手動ならではこそ輝ける通貨ペアです。

また、人民元円の手動トラリピは途中から資金を80万円に増やしましたが、実際この増額した資金はまったくと言っていいほど使われることがありませんでした。

人民元円トラリピの実績ページには、もし必要最低資金で運用していたら利益率はいくらになるかという「たられば利益率」も追加しましたので、興味があったら見てみてください。

ただでさえ、高収益の人民元円ですが「たられば利益率」ではにわかに信じられない数字がはじき出されています。

第1位 豪ドルNZドル(AUDNZD)【33.29%】

ランキングをはじめてからの不動の王者

豪ドルNZドル(オージーキウイ)が今回も首位を堅守。

ただ最近は一時の勢いがなくなってきているので、そろそろ大きな利益に期待したいところです。

2019年10月6日~2021年10月2日までの確定利益は987,405円

セントラル短資FXへの口座の移行がほぼ完了し利確しやすくなりました。

そして、とうとう100万円も目前に迫ってきました!

この豪ドルNZドルに関しては狭いレンジでハーフ&ハーフ設定を行うと含み損を大きく抑えらえることが検証の結果わかりました

このため、7月からは新設定にて運用を行っています。

番外編 第8位ユーロ円【2.23%】

ユーロ円は今回も8位

このユーロ円は他の通貨ペアと位置づけが特殊なので、あえて番外編としています。

ユーロ円の手動トラリピは途中何度かポジションの取り直しをしたので、通常ではありえないマイナスのグラフが出現しています。

9月末までの確定利益は69,781円でした。

2021年になってからはなかなか確定利益が発生しませんでしたが、ここ4か月はうまく利益を伸ばせています。

ユーロ円のトラリピの必要資金を試算すると150万円ですが、めがねこはこのユーロ円の手動トラリピを追加資金0円で運用しています。

この0円トラリピはめがねこがトラリピで利益率をあげる秘訣の1つになっています。

ユーロ円売りは保険的な意味合いの強いトラリピです。

最近は含み損も減ってきており、これからの展開に期待の持てる通貨ペアとなっています。

いままでの手動トラリピ利益率ランキングの平均値

以前のランキングも含め、いままでどの通貨ペアがランキングの上位にいたかわかるように、ランキングの平均値を求め上位から並べてみます。

 豪ドル/NZドル
平均ランク 1.00

人民元円
平均ランク 2.52

  カナダドル円
平均ランク 3.42

NZDUSD
平均ランク 3.6

メキシコペソ円
平均ランク 4.68

USDCHF
平均ランク 5.07

ユーロ円
平均ランク 6.15

南アフリカランド円
平均ランク 6.25

ロシアルーブル円
平均ランク 9.00

この利益率ランキングははじめ5通貨ペアからはじめたので、当初からランキングに参加している通貨ペアはランクが高く出る傾向がありますので、ご注意ください。

サイドFIREプランにも採用されているオージーキウイはぶっちぎりの1位、さらには同じくサイドFIREプランに採用されているNZDUSDやUSDCHFも順位が伸びそうな数値になっています。

要注目です‼

トラリピ利益率ランキングは群雄割拠
とうとうほとんどの通貨ペアで利益率10%超え

2021年9月度の利益率ランキングはより争いが激化しました。

非常にトラリピ向きの通貨ペアといわれているカナダドル円でさえ下位の5位に沈んでしまうほど、各通貨ペアの利益率が高くなっています。

そんな中、ランキング開始当初からずっと1位を独走しているオージーキウイはまさに化け物。

この通貨ペアをどのように扱うかで人生をも変えてしまうほどの勢いを感じます。

めがねこは、早い段階でこの通貨ペアに出会えて本当に幸せです。

めがねこ
めがねこ

最後まで読んでくれてありがとう

ごうどん
ごうどん

純年利ランキングもあるからみてね

投資するペンギンさんに作っていただきました♪
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よいと思ったら広めてね!
目次
閉じる