トラリピの利益率を8通貨ペアでランキング‐新通貨ペアははたして何位?

PVアクセスランキング にほんブログ村

トラリピを運用したら年利は何%くらいになるんだろう?

そんな疑問を持ったことはありませんか?


めがねこはFXで確実に利益が出る手動トラリピを運用しています。

全通貨ペアの中でいちばん有望な通貨ペアを探すために、この利益率ランキングは生まれました。

今回は運用から1か月半が経過した南アフリカランド円がランキングに仲間入り♪

さて今回の結果は?

めがねこ
めがねこ

目次から直接ランキングに飛べるよ

目次

利益率をランキングする方法

年利(年間利益率)に換算してランキングします。

ランキングの対象は決済利益のみ。

なお、現在は2つの通貨ペアの運用を一旦終了しています。

それらの通貨ペアについても、運用していた利益率を元にランキングしていきます。


この利益率ランキングでは評価損益(含み損)は無視します。

めがねこは、この利益率ランキングがトラリピ投資の成果を確認するのに最適だと考えています。

めがねこ
めがねこ

とちゅうで損出ししたりしてるから、純粋な運用と差異が出ているところもあるよ

その点を考えると純年利ランキングがいいかも

評価額が気になる方はFX純年利ランキングも発表していますのでご参考に。

8通貨ペアの運用設定

画像はhttps://storyset.com/より

運用設定については運用設定の記事にまとめています。

運用が終了したものも、どのような設定で運用していたかがわかります。

ちゃっぴ
ちゃっぴ

それではランキングのはじまりはじまり~

第7位 ドルフラン(USDCHF)【9.43%】

前回は7位だったドルフラン(USDCHF)は、新しい通貨ペアが増えたため今回は7位

ただし前回は3.08%だった利益率は9.43%と大きく上昇しました。

タップでグラフが拡大⊕

2020年7月8日~2021年7月3日までの決済利益は+51,860円

納税額を減らすために2020年12月に損失を確定したので確定利益がかなり少なくなっています。

ただしこれは表面的なもので、その分きっちりと評価額が上昇しているので実運用にはほぼ影響はありません。


実際の成績は実運用が正確に反映された純年利ランキングで確認したほうが、わかりやすい通貨ペアになっています。


このUSDCHFは、かなり成績が乱高下する通貨ペアです。

めがねこ
めがねこ

先々月は天国、今月は地獄です

今回はまさに天国とも言える成績で、純年利ランキングの方は大きく順位をあげてきました。

第6位 メキシコペソ円【11.33%】

9月に損出しをしてから最下位までランキングが落ちてしまったメキシコペソ円ですが、レートがあがるごとに大きく確定利益を伸ばすことに成功。

今回は新通貨ペアの影響で順位を1つ落としての6位ですが、利益率は微増(11.21%➡11.33%)となりました。


なお、このメキシコペソ円の手動トラリピは代用FXという手法で株とFXの利益の両取りを狙っています。

スマホではタップで拡大

システムの都合上、メキシコペソ円のスワップ額は決算後では把握しにくいものが含まれていたため、概算スワップを加味しています

ランキングにはブログ開始前の12か月とその利益額44050円も含みます

コロナショックを乗り越えて資金が少なくてすむ手動トラリピ設定への移行が完了してからは、安定した運用を続けているメキシコペソ円。

確定利益はあまり出ていませんが、ポジションを保有しているだけで日々スワップが貯まっていくので、安値にさえ気をつければ扱いやすい通貨ペアです。

第5位 南アフリカランド円【11.89%】

初登場の南アフリカランド円は5位からのスタートです。

この南アフリカランド円は資金50万円で先リピを採用しているのが特徴です。

こんかいは首尾よく何度か利益が確定しました。

高金利通貨の中ではわりと値動きがはげしい南アフリカランド円は決済益に注文の通貨ペアです。

前回はなかなかよい結果が出ていただけに今回の運用でも期待しています。

第4位 カナダドル円【13.94%】

5月に2年半もの運用を一旦終了させたカナダドル円。

最後の利益率は13.94%と堂々としたものでした。

他の通貨ペアの成績は変わり続けるのでランクは常に変動しますが、今回は前回とおなじ4位でした。


運用を再開するまではこの利益率でランキングに参加し続けます。

カナダドル円手動トラリピの確定利益の推移
スマホではタップで拡大

利益額にはトッピングリピートや先リピの分も含んでいます

ランキングにはグラフに含まれていない、ブログ開始前の10か月とその利益額48,293円も含みます

カナダドル円は、2020年9月末から利益幅を2.6円という類を見ないほど広いものに変更しています。

そこからは、元々は10%以下だった利益率が総合で13.94%になるまで上昇してくれました。

この広い利益幅はバックテストの結果を参考に設定したものですが、やはりバックテストは信頼性が高いと感じてします。

めがねこ
めがねこ

いまのところ、バックテストの結果がとても信頼できるということを、実績でも証明しつつあります

カナダドル円は安定度もバツグンなので、はじめてトラリピを行う人にはとてもオススメできる通貨ペアです。

めがねこはすでに2年半のカナダドル円の(手動)トラリピの集大成は専用のページにて解説しています。

第3位 NZDUSD【17.96%】

2020年11月11日から運用をはじめた比較的あたらしい通貨ペアがNZDUSD(NZドルUSドル)

今回は前回と同じ3位で「トラリピ向きの通貨ペア」の称号にたがわぬ結果を見せてくれました。

利益率も前回15.23%➡今回17.96%とどんどん上昇しています。

ここまでの決済利益は56,126円

派手さはないものの、ほとんどの月で確定利益をあげてくれる堅実な通貨ペアです。

それもそのはずで、NZDUSDはめがねこの手動トラリピではめずらしく110pips(1,1円相当)の狭い利益幅で運用をしています。

めがねこ
めがねこ

それでも一般的なトラリピと比べると広めだけどね

同じ設定で約1年前から運用しているSBIFXめがねこでは以前からNZDUSDで好成績が出ていました。

ここ最近は、こちらの本運用もSBIFXめがねこの成績にだんだん追いついてきた感があります。

第2位 人民元円【24.83%】

運用ははじめたばかりの時はコロナショックでつまづいたものの、その後は終始たくさんの利益を運び続けてくれた人民元円(オフショア人民元)

5月の27日にとうとうレンジを上抜けしてしまいは運用を終了しました。

最後は利益率24.83%とすさまじい数字を叩き出し、有終の美を飾りました。


また、運用を再開するまではこの成績を元にランキングに参加しつづけます。

人民元円手動トラリピの確定利益の推移
スマホではタップで拡大

たった1年半の運用で20万円以上の利益を運んでくれた人民元円には脱帽です。

この人民元円の手動トラリピは先リピというオリジナルな施策で利益を大きく増やすことに成功しました。

この先リピの効果は概算で5万円以上なので、トラリピでは設定や手法がどれほど利益を左右するかというのを垣間見られる結果だと思います。

また、人民元円の手動トラリピは途中から資金を80万円に増やしましたが、実際この増額した資金はほとんど使われることがありませんでした。

人民元円トラリピの実績ページには、もし必要最低資金で運用していたら利益率はいくらになるかという「たられば利益率」も追加しましたので、興味があったら見てみてください。

オドロキの数字がはじき出されています。

第1位 豪ドルNZドル(AUDNZD)【34.46%】

ランキングをはじめてからの不動の王者

豪ドルNZドル(オージーキウイ)が余裕しゃくしゃくで首位を堅守。

ただし、ここ最近は成績がふるわず利益率が下がり気味です。

2021年5月度までの確定利益は867,278円

この豪ドルNZドルは利益幅を250pipsとかなり広くとっているのですが、ここ最近は利益が少ないうちに決済を行うこともあります。

その理由は運用設定の変更と、【セントラル短資FX】への口座の移行です

この豪ドルNZドルに関しては狭いレンジでハーフ&ハーフ設定を行うと含み損がほとんど出ないという夢のような状態になりやすいことが数か月前にわかりました。

さらにここ最近ではセントラル短資FXが、豪ドルNZドルで非常に魅力的なスワップ売り買い0円、スプレッド原則1pipsというスペックを打ちだしてきました。

設定変更+口座の移行でさらに利益を伸ばしていけるよう、ただいまポジションを移行中です。

番外編 第8位ユーロ円【1.99%】

ユーロ円は今回も定位置の最下位

このユーロ円は他の通貨ペアと位置づけが特殊なので、あえて番外編としています。

スマホではタップで拡大

ユーロ円の手動トラリピは途中何度かポジションの取り直しをしたので、通常ではありえないマイナスのグラフが出現しています。

6月度までの確定利益は54,989円でした。

ここ何か月も利益がでていませんでしたが、6月には久しぶりに決済がありました。


ユーロ円のトラリピの必要資金を試算すると150万円ですが、めがねこはこのユーロ円の手動トラリピを追加資金0円で運用しています。

この0円トラリピはめがねこがトラリピで利益率をあげる秘訣の1つになっています。


ただし、最近はユーロ高で含み損が増える展開となっています。

いままでの手動トラリピ利益率ランキングの平均値

以前のランキングも含め、いままでどの通貨ペアがランキングの上位にいたかわかるように、ランキングの平均値を求め上位から並べてみます。

 豪ドル/NZドル
平均ランク 1.00

人民元円
平均ランク 2.625

  カナダドル円
平均ランク 3.19

NZDUSD
平均ランク 3.57

メキシコペソ円
平均ランク 4.43

南アフリカランド円
平均ランク 5.00

USDCHF
平均ランク 5.36

ユーロ円
平均ランク 5.81

この利益率ランキングははじめ5通貨ペアからはじめたので、当初からランキングに参加している通貨ペアはランクが高く出る傾向がありますので、ご了承ください。

トラリピ利益率ランキングは通貨ペアが増えてさらにランキングは激化

2021年6月度の利益率ランキングは終了した2つの通貨ペアに加えて、南アフリカランド円が参戦して8通貨ペアになりました。

来月からはロシアルーブル円もランキングに参加するので9通貨ペアにパワーアップします。


そんな中、ランキング開始当初からずっと1位を独走しているオージーキウイは化け物ですね。

めがねこは、早い段階でこの通貨ペアに出会えて本当に幸せです。

めがねこ
めがねこ

最後まで読んでくれてありがとう

ごうどん
ごうどん

純年利ランキングもあるからみてね

投資するペンギンさんに作っていただきました♪
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よいと思ったら広めてね!
目次
閉じる