ユーロ円手動トラリピ2020年7月末までの実績報告 +69,406円

めがねこ
めがねこ

コロナショック後から絶好調だったユーロ円に異変あり?

運用11か月の実績ですよ♪

ちゃっぴ
ちゃっぴ

リスクヘッジ的な意味合いが強かったユーロ円の手動トラリピ


コロナショックで他の通貨ペアがどんどん含み損を増やす中、ユーロ円は大躍進!

でも、その傾向は7月後半から少しくずれてきてしまいました。

目次

ユーロ円手動トラリピ7月末【確定利益】 +69,406円

2019年9月2日~2020年8月1日までの運用結果をグラフにて公開します。

ユーロ円手動トラリピの確定利益

確定利益の合計は+69,406円でした。

12月は決済額が大きくマイナスになっています。 これはポジションの取り直し(決済してすぐに同じだけのポジションを保有)を行ったためです

ユーロ円手動トラリピ7月末【純利益】 -10,494円

11か月間の純利益です。

全般的には含み損も少なめに抑えられています。

ユーロ円手動トラリピの確定利益

2020年7月末までの純利益は-10,494円でした。

確定利益+69,406円
評価額-79,900円
純利益-10,494円

7月は明らかなユーロ高でした。

めがねこはユーロ売りをメインで運用しているので、含み損が一気に増加しとうとう過去最高の含み損となってしまいました。


でも、同じくらい含み損がふくらんだ2019年11月と比べてみると純利益は5万円近くも改善しています。

めがねこ
めがねこ

2019年11月と今回を比べると、トラリピを長く運用すればどんどん有利になってくることがわかるね

ユーロ円の手動トラリピ運用方法

ユーロ円の手動トラリピは、基本は売りのトラリピです。

コロナショック後に、低値圏だけ少し買のトラリピを追加しました。

詳細はトラリピ運用設定をご確認ください。

ユーロ円トラリピの今後

コロナショックを経て、円安ではなくても利益が出るユーロ円売りトラリピが注目されました。

でも7月はユーロの独歩高になってしまったために、損失が出ている方も多いようです。

もちろん、めがねこもその中の1人です。


ただユーロ円のトラリピについては本ブログでお伝えしているとおり、いまのところは全く問題はありません。

個人的に気になるのはズロチユーロユロ人といった他の投資でもユーロ円の売りポジションを持っていることです。


やはりどんな投資でも片寄るのはよろしくないですね。

5+
LINE証券

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる