AUDNZD(豪ドル/NZドル)手動トラリピなどのFX運用の実績(2020/9)

めがねこ
めがねこ

キミはお宝通貨ペアの実力を目撃する!

めがねこ
めがねこ

AUDNZDはオージーキウイとも呼ばれているよ

控え目に言って、豪ドル/NZドル(AUDNZD)をトラリピで運用したことでめがねこはコロナショックの第一波を乗り切ることができました。

AUDNZDのポテンシャルに気づいた人は、のび太がドラえもんに出会えたくらいラッキーと言っても過言ではない!

なにせ他の通貨ペアと組み合わせればリスクヘッジになるわ、単体で運用すれば決済利益をバンバンだすわと、4次元ポケットからヒミツ道具を出すくらいやりたい放題!

そう、豪ドルNZドルはお宝通貨ペアなんです。

めがねこの11か月間の実績報告を見て、あなたもそのパワーの片鱗(へんりん)を感じ取ってください。

ちゃっぴ
ちゃっぴ

そこまで言ってたいしたことなかったらJAROに通報してやる・・

めがねこ
めがねこ

やめて~

ちゃっぴ
ちゃっぴ

それって大したことないってこと?

めがねこ
めがねこ

いや、普通にスゴイ

マネースクエア_豪ドル/NZドル
目次

豪ドルNZドル(AUDNZD)手動トラリピ11か月の実績 +596,490円

手動トラリピ確定利益


手動トラリピの確定利益は+596,490円でした。

1か月前と比べると5万円以上のアップ!

集計期間

2019年10月6日~2020年9月5日

AUDNZD手動トラリピの確定利益

先月度が特別なわけではなく、平均して毎月4~5万円の確定利益が出ています。

めがねこがAUDNZDを「お宝通貨ペア」と呼んでいる理由がおわかりでしょうか?

めがねこ
めがねこ

利益幅を変更したので今月からは利益がたくさん出る月とあまり出ない月にわかれるかもね

手動トラリピのポジション評価額

ポジション評価額は2020年9月5日現在-331,759円でした。

残念ながら評価額は5万円ほどダウンしてしまいましたので、確定利益と相殺されてしまいました。

めがねこ
めがねこ

でも含み損はまぼろし

いつかまた評価額はあがってくる

豪ドル/NZドル(AUDNZD)裁量トレード実績 +156,862円

めがねこ
めがねこ

含み損が増えてくると活躍しはじめるのが裁量トレード

両建てでトラリピをしていると、売か買の片方のポジションが大きく積みあがってしまうことがあります。

この時、めがねこは逆のポジションを保有して利益が出たら決済する、名付けて保険トレードをときおり行っています。


このトレードには明確な取引ルールがないので、裁量トレードとして扱います。

裁量トレード確定利益

裁量トレードの確定利益の合計は+156,862円でした。

先月度は売りポジションの含み損が相当増えてしまい、ロスカットも視野に入るほどの危険な状態になりました。

評価額を安定させるために買の保険トレードを何度もしたので一か月で38,679円も確定利益がでました。

AUDNZD裁量トレードの確定利益

裁量トレードのポジション評価額

2020年7月5日現在の裁量トレードのポジション評価額は-211,019円でした。

なんと含み損は決済益を大幅に超えてしまいました。

めがねこ
めがねこ

保険トレードなので悪いときは助けてくれるけど、よくなったらツケを払わないといけなくなることもある

合計実績 +753,352円

まとめると運用11か月の豪ドルNZドルの運用実績はこのようになりました。

運用期間11か月
確定利益+753,352円
ポジション評価額-542,778円
純利益+210,574円

先月よりも合計の評価額で8万円ほどダウン

確定利益は9万円弱アップ

純利益でみると1万円弱アップしました。

めがねこ
めがねこ

コロナショックを経て、資金130万円でこれだけ成績よければなにも言うことはない

豪ドル/NZドル(AUDNZD)の手動トラリピ設定

豪ドル/NZドルはレートの中央あたりは両建て、安値は買いのみ、高値は売りのみのかなり変則的なトラリピ設定です。

今回はかなり設定を変更しました。

まずロスカットの危険性がましたので1回のトラップ金額を7000通貨➡5000通貨へじょじょに減らすことにしました。

そして、最新のバックテストツールでテストしたところよい設定を見つけたので利益幅を一気に50pips➡250pipsへとひろげました。

これで理論上は、資金は30%くらい少なく利益は前より増えることになります。

めがねこ
めがねこ

バックテストはあくまで過去のデータでのテストだから実際はやってみないとわからない

ごうどん
ごうどん

でも、やみくもに設定するよりはよっぽど説得力があるどん

詳しくは最新の運用設定をご確認ください。

4次元ポケットがいらないなら豪ドル/NZドルもいらない

豪ドルNZドルはコロナショック前、そしてコロナショック前半までは含み損が多い通貨ペアでした。


でもレートが長期にわたって一方的に動きにくく決済利益がとても多いので、5月からはダントツで1番の成績を収め続けています。


ジャイアンコロナで苦しい思いをした人、そしてトラリピの本当のポテンシャルを体験したい人にぜひおすすめしたい通貨ペアです。

マネースクエア_豪ドル/NZドル
12+

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる