トラリピ純年利ランキング【3月末】-アッと驚く下克上が発生!

PVアクセスランキング にほんブログ村
ごうどん
ごうどん

絶対王者オージーキウイのごうどんだどん

ちゃっぴ
ちゃっぴ

そう言っていられるのも今のうちだけだったりして・・・・


管理人のめがねこは手動トラリピが大好き♪

2018年9月からずっと途切れずに手動トラリピで複数通貨ペアを運用してます。

現在、運用している通貨ペアは7つ。


その7つの通貨ペアで評価額も安定していて利益が多い通貨ペアはどれなのか知りたい!と声に答えてこの純年利ランキングは生まれました。

めがねこ
めがねこ

手動じゃなくても、トラリピをやっている人にも参考になるよ♪

利益だけに着目した利益率ランキングも合わせて見ると、より客観的な情報が得られるよ

ちゃっぴ
ちゃっぴ
目次

手動トラリピの純年利をランキングする方法

画像はhttps://storyset.com/より

年利(年間利益率)に換算してランキング。

ランキングの対象は決済利益から評価額を差し引いた純利益額です。

資産額の増減分を必要資金で割ってから、期間を調整して純年利を求めています。

通貨ペアの運用設定

画像はhttps://storyset.com/より

通貨ペアの運用設定は複雑なので別の専用ページで具体的に解説してます。

つねに最新情報に更新しているので、気になる通貨ペアがあったらのぞいてみてね。

めがねこ
めがねこ

それでは純年利ランキングはじまりはじまり~

第7位 ユーロ円【-3.57%】

ユーロ円は順位を1つ下げてとうとう最下位へランクダウン

ここ最近のユーロ高の影響が色濃く出てしまいました。

スマホではタップで拡大

この数か月は純利益が大きくマイナスへと沈んでしまっていますが、ユーロ円のトラリピはその役割をしっかり果たしています。

事実、ユーロ円の調子が悪い3月末でも、手動トラリピ全体では過去最高の純利益になりました。

めがねこ
めがねこ

ユーロ円の売りトラリピの調子が悪いときは他のクロス円のトラリピの調子が良い証

純年利の推移

【6月末】+3.62%
【7月末】-0.76%
【8月末】-1.13%
【9月末】+1.55%
【10月末】+3.17%
【11月末】+0.94%
【12月末】-0.05%
【2021年1月末】-0.49%
【2月末】-1.97%
【2月末】-3.57%

なおユーロ円の資金は150万円と試算してランキングしています。

めがねこ
めがねこ

でもほんとうは0円でユーロ円の手動トラリピをやってるよ

ユーロ円はトラリピの資金効率をあげるのに不可欠な通貨ペアだね

ちゃっぴ
ちゃっぴ

第6位 NZDUSD【+11.24%】

3か月前からランキングに参加したNZDUSD

今回は1ランクアップの6位に留まりましたが、先月と成績を比べると天と地ほど成績に差が生まれています。

先月までは純利益がマイナスでしたが今回はなんとプラス域まで上昇することに成功!

このNZDUSDはSBIFXめがねこでも同じ設定で運用しており、そちらではずっと安定した成績をあげているので安心していました。

こちらの運用でも耐えたかいがあり、運用4か月半でとうとう利益を運んでくれる存在になりました。

さらに、確定利益だけをランキングしたトラリピ利益率ランキングでは3位に位置しているので、NZDUSDはかなりおすすめできる通貨ペアの1つです。

純年利の推移

【12月末】-35.26%
【2021年1月末】-21.18%
【2月末】-13.10%
【3月末】+11.24%

ちゃっぴ
ちゃっぴ

トラリピでは含み損に耐えてじっと待つ期間も必要だよ

第5位 メキシコペソ円【+11.29%】

前回に続いてまたまた1ランクダウンしてしまったメキシコペソ円

内容も前回と似たようなもので、純利益額がアップしているのに順位は下がるというくやしい結果となりました。

スマホではタップで拡大

メキシコペソ円は決済スワップ益の計算が困難なため、とちゅうで概算のスワップ益をグラフに追加

グラフは開始時からのものです。ブログ開始前の12か月とその利益+44,050円もランキングには含めています

純利益率が低いのはコロナショックの時にレートが暴落し、多額の資金を投入したためです。

もしコロナショックの後にこのメキシコペソ円のトラリピをはじめていれば、どんどん利益が積み重なるばかりでした。

たらればですが、利益率はこの何倍にもなっていたことでしょう。


スワップも期待できるよい通貨ペアだと思っていますので、めがねこは今後もこのメキシコペソ円を運用し続けます。

めがねこ
めがねこ

ただし仕掛レンジの上限が5.4円だから、ポジションがなくなっちゃうかもね

純年利の推移

【6月末】-37.26%
【7月末】-24.40%
【8月末】-17.11%
【9月末】-7.70%
【10月末】-4.39%
【11月末】+6.90%
【12月末】+9.26%
【2021年1月末】+9.51%
【2月末】+9.07%
【3月末】+11.29%

メキシコペソ円のトラリピは段階的に運用を縮小しています。

現在は必要資金40万円でチャンスにだけ大きくポジションを持つ設定なので安全性もかなり上がりました。

第4位 カナダドル円【+14.01%】

めがねこ
めがねこ

なにかがおかしい! なにかが起こっている

カナダドル円は3位から4位に1ランクダウン

タップでグラフが拡大⊕

でもグラフを見てもらえばわかるように成績はむしろ大きく飛躍しているのです。

ちなみに、グラフに表示されている純利益+186,396円というのはブログ開始後のものです。

ブログ開始前の+48,293円を合わせた、純利益+234,689円で年利は計算されています。

めがねこ
めがねこ

評価額もさらに上昇

カナダドル円はトラリピ向きの非常におすすめできる通貨ペアです。

他のブロガーさんも、このカナダドル円で皆さんよい成績をあげています。

めがねこはいままで成績がパッとしませんでしたが、先月くらいから利益が大きく伸び始めました。

カナダドル円の手動トラリピは利益幅が2.6円と他に類をみないくらいの広い設定にしているのが特徴です。

だから利益が出るときは一気に確定利益が増えます。

今回はその恩恵にあずかることができました。

純年利の推移

【6月末】-23.88%
【7月末】-14.97%
【8月末】+0.52%
【9月末】-8.34%
【10月末】-11.93%
【11月末】+2.63%
【2021年1月末】+8.33%
【2月末】+11.18%
【3月末】+14.01%

ごうどん
ごうどん

純利益率もすごくあがってるのになんで順位がさがったんだどん

第3位 豪ドル/NZドル(AUDNZD)【+25.49%】

ごうどん
ごうどん

え~~~~

まさかの3位(涙)
オージーキウイは絶対的存在だと思ってたから泣き顔アイコンすらないどん・・・

ごうどんの涙がちょちょぎれちゃうのも無理はありません。

この純年利ランキング、そして1年前からはじめた利益率ランキングにおいて常に1位を独走していた豪ドルNZドル(オージーキウイ)

FX証券会社マネースクエアのトラリピ では史上最強通貨ペアとうたわれるほどの超絶トラリピ向きの通貨ペア

それがオージーキウイなのです。


そのオージーキウイが純利益率だけとは言え3位に転落してしまったのです。

これは事件というしかありません。

タップでグラフが拡大⊕

グラフを見ると確かに今回は前回よりも少しだけ純利益が減っているようです。

わかりやすいように数字で表すと前回の2月末が+551,734円、今回が+533,237円

ごうどん
ごうどん

そこまで悪くは思えないんだどん

めがねこ
めがねこ

ま・・まさか

ちゃっぴ
ちゃっぴ

ごうどんをおびやかす新たな刺客が野に放たれたのか?

めがねこ
めがねこ

ごうどんはノニで鼻が垂れたのか?

純年利の推移

【6月末】+31.06%
【7月末】+27.42%
【8月末】+15.38%
【9月末】 +25.96%
【10月末】+29.94%
【11月末】+22.15%
【12月末】+23.09%
【2021年1月末】+28.93%
【2月末】+28.29%
【2月末】+25.49%

純年利は確かに3%弱さがってしまっています。

ただし、豪ドルNZドル(オージーキウイ)がトラリピのおすすめ通貨ペアであることはかわりません。


めがねこのように手動トラリピを行うには、円が一切使われていない外貨同士のレートに慣れる必要がありますのでがんばりましょう♪

もし手動トラリピがむずかしくて手に負えないという人がいてもご安心あれ

このオージーキウイは本家トラリピ でもかなり良いスペックで提供されています。

当サイト限定レポートの設定ガイドもご用意しましたので、はじめてでも安心してオージーキウイのトラリピがはじめられます。

設定ガイドでトラリピはじめよ♪

第2位 人民元円【+26.05%】

人民元円(オフショア人民元)は今回も盤石の2位

とうとうオージーキウイを抜かしてしまいました。

タップでグラフが拡大⊕

成績はまさに右肩上がり

最近はレートが高止まりしていて仕掛レンジを抜けてしまう危惧も出てきました。

なお、現在の運用資金は80万円です。

めがねこ
めがねこ

ポジションが少ないからここ最近は10万円以下で運用できちゃってるけどね

レート状況に恵まれているとは言え、トラリピ史上最強通貨ペアのオージーキウイをも抜いてしまうなんて、まさにその勢い龍のごとし

純年利の推移

【6月末】-19.47%
【7月末】-15.86%
【8月末】 -5.87%
【9月末】+5.10%
【10月末】+8.75%
【11月末】+8.48%
【12月末】+10.59%
【2021年1月末】+24.60%
【2月末】+24.57%
【3月末】+26.05%

今回は純利益率が過去最高を更新しました。

手動でコツコツ地道にがんばっている人を見守って助けてくれるような、そんなステキな通貨ペアです。

もし人民元のレートが仕掛レンジを上抜けしまったときは、ユロ人投資ができるレート状況かどうかを確認する予定です。

めがねこは普通のトラリピだけではなく、いろいろな投資に挑戦しているのでよかったら参考にしてください。

第1位ドルフラン【+37.79%】

こういうのをシンデレラストーリーと言うのでしょうか?

たった数か月前まではただのお荷物で、単に心配のタネに過ぎなかったドルフラン(USDCHF)が、な・・な・・なんと今回はいきなりの首位奪取!

ちなみに前々回のランキングでは最下位の7位でした。

めがねこ
めがねこ

世の中いったいどうなっちゃってるんだ?

ただ、元々このフラン(USDCHF)はバックテストを行ってオージーキウイをもはるかにしのぐ最高のテスト結果が出ています。

その結果を元に運用を開始したという経緯があるので、はじめは期待を持っていた通貨ペアだったのです。

一時はロスカットレートを大きく下回って、成績はガタ落ちどころか含み損MAXで半べそ状態でした。

そこからの大復活で、たった2か月でランキング1位に登りつめるという離れ業をやってのけました。

タップでグラフが拡大⊕
めがねこ
めがねこ

はい、大きなエントツ立ちました~

2か月前と比べると純利益は27万円以上も差が出るという暴れん坊将軍も真っ青の暴れっぷり!

昨年末に損出しを行ったので、とちゅう評価額が大きくプラス確定利益が大きくマイナスのあべこべのグラフになっていますが、今月は両方ともプラスにのせてきました。

今後もし大きくレートが上昇すれば、本来のグラフ(評価額マイナス、確定利益プラス)へ落ち着くことでしょう。

純年利の推移

【8月末】-119%
【9月末】-2.04%
【10月末】-7.37%
【11月末】-32.72%
【12月末】-71.40%
【2021年1月末】-46.35%
【2月末】-1.84%
【3月末】+37.79%

純利益率は2か月で80%以上の伸びを記録

めがねこ
めがねこ

もうこんなの笑うしかない

なお、利益がかなり出てきたので3月末に投資額をアップさせて、ロスカットレートを下げるようにしました。

やっとドルフランで利益が出たことで運用も修正でき一安心です♪

まとめ―純年利ランキングは群雄割拠の様相

画像はFreepik Storiesより

今回の純年利ランキングはドルフラン(USDCHF)における5位からの天下取りが見物の月になりました。

なんと3位~1位は純利益が25%超えという、一般的なトラリピブログとは一線を画す好成績に見舞われています。

いまはレート状況がたまたま良いので、この成績が続くとは考えにくいです。

それでもなお、これだけの純利益率が出たのは、1%でも利益を増やすためにコツコツと小さな施策を積み重ねてきた賜物だと思っています。

「ローマは1日にして成らず」

施策の効果は半年~1年ほど経たないとわからないものが多いですが、その効果は確実にあります。

たとえば、手動トラリピでのスペック向上などはその最もたるものです。

確実に行うことができさえすれば、100%利益を底上げする効果があるので、増やしたい人はやらない手はありません。

ちゃっぴ
ちゃっぴ

あなたの爆益のお手伝いします

めがねこトラリピの集大成はここに集約

+26

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よいと思ったら広めてね!
目次
閉じる