手動トラリピってどうなの?【気になること全部答えます】

 このブログにたどり着いた方は、FXの自動売買で非常に優秀だと言われているトラリピについて聞いたことがあるのではないでしょうか?


その自動売買のトラリピに、「手動」をつけて「手動トラリピ」

この謎に満ちた言葉について、気になることを答えていきます。

マネースクエア_豪ドル/NZドル
目次

手動トラリピってそもそもなに?

手動トラリピはFXの自動売買であるトラリピを手動で行うことです。

トラリピというのはシンプルな注文をたくさん出しているだけの自動売買なので、手動でもわりと簡単にできるのです。

手動トラリピって簡単?

FXの注文が一通りできる人にとっては、かなり簡単です。

手動トラリピでやることは、運用プランを立てて、決まった値幅でイフダン注文を行うだけです。

ただ設定や運用の規模によっては時間が取られる場合があります。

手動トラリピって面倒?

手動トラリピは簡単ですが、少し手間がかかります。

特に決済約定がされた時には速やかに次の注文を手動で入れなければいけません。

手動トラリピってメリットがあるの?

手動トラリピは自動売買のトラリピと比べると、ほぼメリットしかありません。

特に取引コストについては、手動トラリピが圧倒的に有利です。

手動トラリピにデメリットはないの?

あります。

手動トラリピのデメリット
  • 運用プランを自分で立てる必要がある
  • 1つ1つ注文するので手間がかかる
  • 手動なので人為的ミスが起こる可能性がある

その他にも手数料をのぞけば、トラリピのデメリットがそっくりそのまま手動トラリピでもデメリットになります。

手動トラリピで気をつけることは?

手動トラリピは超長期の投資モデルだということです。

年単位でも利益が出ないことは普通なので、短期で利益をあげたい人には全く向かない投資法です。


なお、これは手動トラリピだけではなく自動売買のトラリピでも全く一緒です。

トラリピと手動トラリピを比較する時は逆転の発想をすると良い

一般的に何かをはじめる時は、まずは小規模で自分で行うのが普通です。

そして、規模が追いつかなくなったら、機械を導入するなどをして自動化します。

しかし、ことトラリピに関しては全く逆のことが起こっています。

ほとんどの人はまずはトラリピなどの自動売買から入って、そのあと一部の人だけが手動化を検討します。

これは、そもそもトラリピを考案し特許を取ったのがマネースクエア社だから、そこから入っていく人が多いのだと考えます。


しかし、多くの人にとってはトラリピは単にオーバースペックです。

規模に合わない大掛かりなサービスは経費の無駄でしかありません。


もちろん、大規模にFXで投資を行っている人にとってはトラリピやその他のFXのリーピート系自動売買は重宝します。

次の記事ではトラリピなどのリピート系自動系売買に向いている人、手動トラリピに向いている人の特徴を詳しく解説していますので、目を通してみてください。

8+

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる