手動トラリピとは?【気になること全部答えます】

PVアクセスランキング にほんブログ村

 このブログにたどり着いた方は、FXの自動売買で非常に優秀だと言われているトラリピ について聞いたことがあるのではないでしょうか?


その自動売買のトラリピに、「手動」をつけて「手動トラリピ」

この謎に満ちた言葉について、気になることを答えていきます。

目次

そもそも手動トラリピってなに?

手動トラリピはFXのリピート系自動売買(その代表的なサービスがトラリピ )を手動で行うことです。

トラリピというのはシンプルな注文をたくさん出しているだけの自動売買です。

だから、手動でもわりと簡単にできてしまいます。

手動トラリピって簡単?

FXの注文が一通りできる人にとっては、かなり簡単です。

手動トラリピでやることは、運用プランを立てて、決まった値幅でIFD(イフダン)注文を行うだけです。

ただ設定や運用の規模によっては、はじめに注文を入力する時に1時間ほど時間が取られる場合があります。

手動トラリピって面倒?

手動トラリピが面倒かどうかは意見がわかれるところです。

普段からFX口座のアプリをまったく開かない人にとっては、やや手間がかかると感じるかもしれません。

逆にトラリピの決済をアプリで確認したい人にとっては、手動トラリピはアプリを開いた際についでに注文を入れるだけでできちゃいます。


実際にやってみた人から話を聞くと「思ったより簡単だった」という意見が大半です。

手動トラリピにはどんなメリットがあるの?

手動トラリピはリピート系自動売買と比べると、ほぼメリットしかありません。

特に取引コストについては、手動トラリピの方が圧倒的に有利です。

手動トラリピにデメリットはないの?

手動トラリピにもいくつかのデメリットがあります。

手動トラリピのデメリット
  • 自分で運用プランを自分で立てる必要がある
  • 1つ1つ注文するので手間がかかる
  • 手動なので人為的ミスが起こる可能性がある

その他にも手数料をのぞけば、トラリピのデメリットがそっくりそのまま手動トラリピでもデメリットになります。

手動トラリピで気をつけることは?

これは、リピート系自動売買にも当てはまりまりますが、手動トラリピは超長期の投資モデルだということです。

はじめるタイミングによっては1年間ほど利益が出ないこともあるので、短期で利益をあげたい人には全く向かない投資法です。

また、手動トラリピはいつでも注文ができてしまうので注文のハードルが下がります。

このため、決済レートになる前についつい自分で決済をしてしまいたくなる衝動に駆られるというデメリットがあるようです。


これを防ぐために、めがねこはみんなで一緒に手動トラリピを運用するSBIFXめがねこを考案しました♪

トラリピと手動トラリピを比較する時は逆転の発想をすると良い

一般的に何をはじめるにしても、まずは小規模で自分で行うのが安全です。

そして効果をじゅうぶんに確かめた後、規模を拡大する時に自動化を検討します。

しかし、ことトラリピに関しては全く逆のことが起こっています。

ほとんどの人はまずトラリピから入って、そのあと一部の人だけが手動化を検討するのです。

これは、そもそもトラリピの知名度が圧倒的だから、手動トラリピはなにか特別なものだと思われているからだと推測しています。

でも、わたしは手動トラリピの基本を自分で思いつきました!

手動トラリピはむしろ普通のことなのです。


もちろん、1000万円以上の資金で大規模にリピート系売買を行っている人には自動売買は重宝します。

でも、ふつうの人にとっては便利さに比べてコストが高いので、わざわざ自動売買にする必要はありません。


次の記事ではトラリピなどのリピート系自動系売買に向いている人、手動トラリピに向いている人の特徴を詳しく解説していますので、目を通してみてください。

投資するペンギンさんに作っていただきました♪
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よいと思ったら広めてね!
目次
閉じる