トラリピのバックテストでカナダドル円の最強設定を探し出したよ

カナのアイコン画像カナ

カナダドル円のトラリピでいちばん儲かり設定が知りたい

そんな声にお応えしちゃうよ~

めがねこ
めがねこ
ちゃっぴ
ちゃっぴ

そわそわしすぎ・・



最適な設定を探すためには、過去の値動きに運用設定を当てはめるバックテストという方法が使われます。

今回はそのバックテストを使ってトラリピで大人気のカナダドル円の最強設定を探し出しました!

目次

カナダドル円の最強トラリピ設定は1円/1.25円

結果から先に言うとカナダドル円の最強設定はトラップ幅1円、決済幅1.25円でした。


詳細はこちらになります。

レート買/売トラップ幅本数決済幅
74~90円1円171.25円
90~106円1円171.25円

カナダドル円のバックテスト環境は?

エクセルだけでテストが完了するバックテストツールをアビさん(@chan_abi_blog)が開発してくれました。


直感的に使えるバックテストツールでとても使いやすいです。

すでに主要通貨ペアのデータも5年分入っているので、すぐに使えます。


今回も前回に続いてこのツールを使います。

完全無料で使えますのでみなさんも自分でバックテストを試してみてください。



なおトライオートFXでもビルダーという名でバックテストツールを提供しています。


こちらは期間が指定できないことと、トライオートFXのスプレッドが自動的に適用されてしまうのでご留意ください。

カナダドル円のバックテスト設定

2015年4月~2020年3月までのデータを使って5年間のバックテストを行います。


同じ資金で運用ができるように調整しつつ、様々なトラップ幅、決済幅で最適な設定を探し出します。

トラップ幅決済幅通貨数量
0.25円0.5円500
0.25円1円500
0.25円1.5円500
0.25円2円500
0.25円2.5円500
0.25円3円500
0.5円0.5円1000
0.5円1円1000
0.5円1.5円1000
0.5円2円1000
0.5円2.5円1000
1円1円2000
1円1.25円2000
1円1.5円2000
2円2円4000
バックテスト設定一覧


よさそうな設定ではさらに細かく決済レートをかえながら、ここには紹介していないものも含め20以上の設定でテストしました。

カナダドル円トラリピのバックテスト結果

880

テスト結果が多いのでトラップ幅ごとに結果をわけてみていきます。

ちゃっぴ
ちゃっぴ

最大含み損は‐約25~28万円でバラつきが少なかったから許容範囲とします。


トラップ幅0.25円のテスト結果 最大314,250円



トラップ幅0.25円では決済幅を増やすほど利益が出ました。

いちばん利益が出たのは決済幅3円の314,250円でした。

決済幅が違うだけでかなり利益額がかわるのね

ちゃっぴ
ちゃっぴ

トラップ幅0.5円のテスト結果 最大332,000円


トラップ幅0.5円では決済幅を2.5円に増やした時に利益が減少したので、そこでテストをやめました。

いちばん利益が出たのは決済幅2円の332,000円でした。

全体的にトラップ幅0.25円の時より利益が多めです。

めがねこ
めがねこ

トラップ幅が広いほうが利益が出るのは、手動トラリピ派には朗報だね


トラップ幅1円のテスト結果 最大350,000円


1位は決済幅1.25円の350,000円

そしてこれが総合No.1‼

トラップ幅1円は全体的にかなり良いね♪

ちゃっぴ
ちゃっぴ

トラップ幅2円のテスト結果 128,000円

トラップ幅2円、決済幅2円にしたら利益がガタ落ちしてしまいました。


また、トラップ幅1.5円でもあまり利益が出なかったのでテストはここで終了します。

バックテスト結果の注意点

バックテストの結果が出て晴れてカナダドル円では1円/1.25円が最強設定だと判明しました。


ただしこの結果には注意点があります。

3つの注意点

・スプレッドが考慮されていない

・スワップが考慮されていない

・バックテストの精度

テストにはカナダドル円のスプレッドは含まれない

このバックテストツールはスプレッドを反映していません。

よって実際より良い結果が出ています。


もしあなたがマネースクエアのトラリピかトライオートFXで自動売買を行うのであれば、そちらのホームページでテストすることをお勧めします。

カナダドル円のスワップも含まれない

同じくスワップも考慮されていません。

現在の状況だとプラススワップをもらえる場面が多いはずなので、実際はもう少し利益が出るはずです。

また、トラップ幅によってスワップ益が大きくかわった場合は今回のテストの精度は落ちてしまいます。

バックテストツールの精度

非常に良いバックテストツールですが、アビさんが自作されたものです。

充分な検証はされているようですが、結果に多少の誤差はあるかもしれません。

カナダドル円過去5年のヒストグラム(おまけ)

このバックテストツールにはヒストグラム(分布図)を出す機能もあるので発表します。


この5年では82~87円にレートが滞在することが多いことがわかります。

今後レートが105円付近まで上昇する可能性は少ないと考えることでもできそうです。

もしそうであれば、トラップ幅の買の上限を下げると効果的にトラップを仕掛けられるかもしれません。

カナダドル円のトラリピ最強設定がわかった

あえて注意点なども書きましたが、カナダドル円のトラリピ最強設定がわかったことは大きな収穫です。


わかっただけでは意味がないので、今後この結果をカナダドル円の手動トラリピ運用に活かしていくつもりです。

カナのアイコン画像カナ

やった~🎵

めがねこ
めがねこ

アビさん今回もどうもありがとう

7+
LINE証券

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる