【先リピ】手動トラリピならではのアレンジ

トラリピをやっている人はこんなことを疑問に思ったことないですか?

めがねこ
めがねこ

あれ?なんでトラリピって価格が上がっても通貨を買うの?

今回はレートが上がった時に買いのポジションを持つことについて、考察をしていこうと思います。

そして先にポジションを持つ先リピの効果について探っていこうと思います、

マネースクエア
目次

トラリピは相場が全く読めない人用

まず本家トラリピは自動売買なので、複雑なことができません。

一定のレンジを決め、そこに等間隔にトラップをしかけて、トラップに触れたら「買い」(または売り)のポジションを取るというのがトラリピです。

これはレンジ相場になっている通貨ペアなら、どんなタイミングでも有効なので、汎用性がある戦略になります。

レンジの底にいる時でも高くなるのを待つの?

でも、ここで疑問です。

もしレートがレンジの底値に近い時にわざわざ高くなるのを待って買うというのがトラリピの考え方なのですが、それって果たして有効なのでしょうか?

例えば、図の範囲100円~106円までがトラリピを「買い」で仕掛けたレンジだとします。

そして赤丸が現在レートの101円だとすると、トラリピでは赤丸でトラップを仕掛けますが、その上の水色の場所102円, 103円, 104円などでもトラップを仕掛けていることになります。

言い換えれば、高くなるまで待って買っていることになりますね。

確かに将来レートが確実に上がるという保障はないので、そのレートに到達するまで買わないという選択肢も一理あります。

でも、現在のレートがレンジの底値の近くということは、ほぼほぼ上がると予想しているはずなのです。

それなのに、上がるまで買わないというのはおかしな話だと思います。

先リピという考え方

そこで提案するのが先リピという考え方です。

つまり、トラリピでいつか上がると想定できるものは、先どりでポジションを保有するという方法です。

これは手動トラリピだからできる技になります。

画像の赤丸のレート101円で、102円、103円、104円で買う予定だった分すべてのポジションを持ってしまえばどうなるでしょう?

レートがいつか上がるという前提が必要ですが、もし102円になったら元々101円で買う予定だったポジションを決済すれば、普通のトラリピと同じように1円の値幅が取れます。

そして、103円になったら102円で買う予定だったポジションを決済すれば、実際は101円でポジションを持ったので2円の値幅が取れます。

このように、普通のトラリピよりも多くの値幅を取る事が出来ます

めがねこ
めがねこ

オレンジの矢印の分だけ差益が取れるようになります

また、プラスのスワップの効果を考えてみましょう。 

プラスのスワップが付与される通貨ペアでこの方法を取ると、ポジションの保有期間は、おのずと長くなるのでもらえるスワップ額も確実に増えます。

このように先リピは利益を増やす上で大きな利点があります

先リピの弱点

では、先リピに弱点はないのか?というと残念ながらあります。

それは、普通のトラリピより多くのポジションを持つので、もしレートがいきなりレンジより下回ってしまった場合は、普通のトラリピより損失額が大きくなるということです。

弱点はふつうにあるのね

ちゃっぴ
ちゃっぴ

先リピの弱点は本当に弱点なのか?

でも考えてみてください。 

いきなりレートが落ちるということは、想定していたレンジの下の方からレンジ外に落ちたことになるので、元々そこまで損失は増えません。

普通のトラリピで安値圏からレンジ圏外にレートが下がったときの損失イメージ
普通のトラリピの損失イメージ

そして、先リピを行うと普通のトラリピよりは損失額が増えるのは確かですが、レートが低い分そこまで損失額は拡大しません。

先リピで安値圏からレンジ圏外にレートが下がったときの損失イメージ
先リピの損失イメージ

結局、損失額が大きく拡大するのは仕掛けレンジ内でポジションを全て保有してから下落する場合です。

すべてポジションを保有してからレンジ外へ落ちたときの損失額のイメージ
すべてポジションを保有してからレンジ外へ落ちたときの損失額のイメージ

こう考えると先リピは欠点より利点の方が大きくみえますね。

そしてレンジの下限に近ければ近いほど、先リピの効果が高いことがわかると思います。

先リピの理想的な条件

先リピの理想的な条件は、

  • 最も重要ちゃんとレンジ相場になっていること
  • レートがレンジの下限に近いこと、最低でもレンジの真ん中より下なこと
  • プラスのスワップがもらえる通貨ペアであること (高いとなお良い)

この3つが理想的な条件になります。

そして、残念ながら私が知る限りではこの理想の条件に当てはまっている通貨ペアは現在ありません。

先リピのアレンジ

せっかく先リピという良い方法を思いついたのでなんとか試してみたいと思っていたところ、私にとってはちょうど良い通貨ペアがありました。

それはカナダドル円です。

私はカナダドル円を手動トラリピで0.25円ごとにトラップを仕掛け、0.5円で決済しています。

ですが、途中までは0.5円ごとにトラップを仕掛けていたので、0.25円レンジのポジションと0.5円レンジのポジションが混在しています。

具体的には82.25円~84円までが0.25円幅84円~86.5円までが0.5円幅でポジションを持っています。

つまり0.25円幅なら保有していたはずの84.25円、84.75円、85.25円、85.75円、86.25円のポジションを持っていないのです。

本来の先リピとは少し違いますが、とりあえずこの5つ分のポジションを今のレートの82.559円で保有しました。

もしこのポジションが本来の決済レートである85円以上になった時には、多くの利益をもたらしてくれるでしょう。

条件は限定的だが手動トラリピならではの利点を生かせるのが先リピ

今回は残念ながら先リピとして新たに運用をはじめるのに、最適な通貨ペアは見つかりませんでしたが、もし見つかったらトラリピなどのリピート系自動売買よりもかなり良い成績を残せると期待しています。

先リピの良いところはもう1つあって、それはトラリピの資金の無駄が減るということです。

トラリピ(手動も含む)では、起こるかもしれない下落に備える必要があります。

どういうことかと言うと、時にはかなりの期間、投資に回さず資金を遊ばせておく必要があるわけです。

ですが、この先リピが使えれば資金効率をあげるというメリットも生まれます。

1+

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる