『めがねこFX』でご検索ください
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

FX 3すくみ手法-週間スワップ情報(10月21日~25日)

FX 3すくみ手法

リスクほぼ0の確実投資、「FX 3すくみ手法」のスワップ日額報告を今週もしていきます。

セントラル短資FXのスワップは少し特殊です。他のFX会社の多くは、事前にスワップ額が発表されて、翌日の朝6時頃の営業日をまたぐ段階で発表されたスワップが付与されます。

しかしセントラル短資FXはスワップを付与するかどうかの判定は他のFX会社とかわりませんが、スワップポイントを発表するのはその日の午後5時半前頃で発表時にスワップも付与されます。

さて、それでは今週のFX 3すくみ手法のスワップを見ていきましょう。

10月21日の週のスワップ日額の推移

FX 3すくみ手法1セット(ドル円1.1万通貨売、ユーロ円1万通貨買、ユロドル1万通貨売)をセントラル短資FXで保有した時のスワップ日額のデータです

日付スワップ額
21日10.5円
22日86円
23日10.5円
24日20.5円
25日10.5円

先週から日額10.5円の水準が続いていますね。

今週はプラススワップがもらえる日が1日多かったので合計スワップ額が多めになりました。

プラススワップだけもらえる日は1日単位で見るとかなり有利です。 

セントラル短資FXでは日本の休日がプラススワップのみの日になるので(たまたまアメリカ、ユーロ圏も休日だと対象外)これから3すくみ手法を行う方は休日の前日からはじめると有利です。

今週1週間の合計スワップ額は136円でした(切り下げを加味して計算)。 先週よりは大分多いので1週間単位だと金額に結構差が出ますが、平均すると日額10円ほどで近頃は安定しています。

今回も一応利益率計算をしてみます(今週は特別なのでこの水準で今後もスワップがもらえることは考えにくいですが….)。 136円÷7×365日なので年額だと約7,100円の利益が期待できます。 評価額を-100円と仮定すると年額7,000円の利益です。  

資金を17万円とすると7,000円の利益なので計算すると利益率は年4.1%です。 年間通じてこの水準ならもっと声を大にして、みなさんにこの投資を薦められるんですけどねぇ

先週もお伝えしましたが、投資額は16万円でもかなり安全です。

メキシコペソ投資+FX 3すくみ手法で大安定

FX 3すくみ手法が効果的なセントラル短資FXは、メキシコペソ円のスワップが高いことで知られているFX会社です。

多くの方はメキシコペソ円の取引をするためにこのセントラル短資FXで口座を保有しています。

そして、メキシコペソ円で取引する方は長期でスワップ益を狙っているので、多少レートが下がっても大丈夫なように多めに資金を入金しています。

その多めの資金をこのFX 3すくみ手法にまわせば、わざわざ資金を用意しなくても運用することができます。

万が一、メキシコペソ円のレートが下がり資金が必要になったら、この3すくみ手法用に保有しているポジションをすべて決済すればいいし、運用をやめてもそれまでの利益は受けられるのがこの手法の特長です。

0