AUDNZD(豪ドル/NZドル)トラリピの最強設定を発表【バックテストで判明】


あなたのアイコン画像あなた

豪ドルNZドルで最も利益が出る設定が知りたい

めがねこ
めがねこ

そんな声にお応えします


最適な設定を探すためには、過去の値動きに運用設定を当てはめるバックテストという方法が使われます。

今回はそのバックテストを使って運用実績ダントツNo1の豪ドルNZドル(AUDNZD)の最強設定を探し出しました!

目次

AUDNZD(豪ドル/NZドル)トラリピの最強設定は25pips/50pips

結果から先に言うと豪ドルNZドルの最強設定は 25pipsトラップ幅 50pips決済幅でした。


詳細はこちらになります。

レート買/売トラップ幅本数決済幅
1.000~1.1000.0025410.005
1.040~1.1500.0025450.005

AUDNZD(豪ドル/NZドル)のバックテスト環境

エクセル1つでテストができるバックテストツールをアビさん(@chan_abi_blog)が開発してくれました。


非常に優秀なバックテストツールで主要通貨ペアの5年間のデータもすでに入っています。

今回はこのツールを使ってバックテストを行いました。

完全無料で使えますので是非みんなで最高の設定を見つけ出しましょう。



なおトライオートFXでもビルダーという名でバックテストツールを提供しています。


こちらは期間が指定できないことと、トライオートFXのスプレッドが自動的に適用されてしまうのでご留意ください。

AUDNZD(豪ドル/NZドル)のバックテスト設定

元々アビさんのバックテストツールには1時間足のデータが5年分(2015年4月~2020年3月)入っています。

今回はそれを使って5年間のバックテストを行います。


資金が同じになるように調整しながら、様々なトラップ幅、決済幅で最適な設定を探し出します。

トラップ幅決済幅通貨数量
10pips(0.001)60pips2500
10pips70pips2500
20pips30pips5000
20pips40pips5000
20pips50pips5000
20pips60pips5000
20pips70pips5000
20pips80pips5000
25pips40pips6250
25pips50pips6250
25pips60pips6250
25pips70pips6250
50pips50pips12500
バックテスト設定一覧

AUDNZD(豪ドル/NZドル)のバックテストの結果

テスト結果が多いのでトラップ幅ごとにわけてみていきます。

めがねこ
めがねこ

最大含み損は気にしない


最大含み損は-109~-117万円だったから許容範囲ね♪

ちゃっぴ
ちゃっぴ



わたしの試算では資金130万円を想定していたので含み損は理想の範囲でした。

10pipsと50pipsのトラップのテスト結果

めがねこ
めがねこ

10pipsと50pipsは少ないから一緒に発表します


10pips50pips豪ドルNZドルバックテスト結果


1番利益が出たのはトラップ幅10pips、決済幅70pipsの4,856,708円でした。

すっご~い金額♪ これが1位?

ちゃっぴ
ちゃっぴ
めがねこ
めがねこ

まだまだ~

20pipsトラップのテスト結果 4,862,761円

20pips豪ドルNZドルバックテスト結果

1位は決済幅60pipsの4,862,761円

大接戦ね

ちゃっぴ
ちゃっぴ
めがねこ
めがねこ

20pipsは良いトラップ幅だってことだね


25pipsトラップのテスト結果 4,930,100円

25pips豪ドルNZドルバックテスト結果


1位は決済幅50pipsの4,930,100円

そしてこれが総合No.1‼

さらにすごい♪

みんなすごい♪

ちゃっぴ
ちゃっぴ
めがねこ
めがねこ

25pipsが1番いいトラップ幅って言えるかもね

補足の説明

バックテストはここに載せていないものもいくつかやりました。

見込みがありそうなものをさらに細かく設定して検証しました。

その結果がこのブログにのっています。

AUDNZD(豪ドル/NZドル)バックテスト結果の注意点

バックテストの結果が出て晴れて豪ドルNZドル(AUDNZD)では25pips/50pipsが最強設定だと判明しました。


ただしこの結果には注意点があります。

3つの注意点

・スプレッドが考慮されていない

・スワップが考慮されていない

・バックテストツールの精度

テストにはスプレッドが考慮されていない

このバックテストツールはスプレッドを反映していません。

よって実際より良い結果が出ています。


もしあなたがマネースクエアのトラリピかトライオートFXで自動売買を行うのであれば、そちらのホームページでテストすることをお勧めします。

スワップが考慮されていない

同じくスワップも考慮されていません。

ただしオーストラリアとニュージーランドの政策金利はいつもあまり差異がありません。

スワップの影響は小さいはずです。

バックテストツールの精度

非常に良いバックテストツールですが、最新版のリリースからは間もないです。

特に円が絡まないテストはより複雑になるので、結果が正しい保証まではありません。

AUDNZD(豪ドル/NZドル)のヒストグラムの検証

このバックテストツールにはヒストグラム(分布図)を出す機能もあるので発表します。

豪ドルNZドルヒストグラム


これを見ると1.04以下のレートの割合が著しく低いことがわかります。

実際、わたしはこの薄い1.00~1.04の間は大きめの通貨数量で稼いでいます。

ヒストグラムを見ると、改めてその戦法は効果的だったことがわかります。

最高の設定を割り出せたことに感謝

あえて注意点なども書きましたが、トラリピの最高の設定がわかったことは大きな収穫です。


さらにわたしの検証では豪ドルNZドルがトラリピに最適な通貨ペアという結果が出ました。


実際、私が運用している5通貨ペアの中で利益率がトップです。


その豪ドルNZドル(AUDNZD)を最高の設定で運用できたら、非常に効率よく利益をあげることができるはずです。

めがねこ
めがねこ

おらぁなんだかわくわくしてきたぞ


アビさん、ありがとう😊


8+
LINE証券

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる