手動トラリピなどのFX月間実績報告(2月3日~2月28日)

めがねこ
めがねこ

とうとうブログ開始から半年!

2020年2月度の月間実績報告です。

2月の最終週は記録的な暴落に見舞われました。

ただ月間でみると、わたしにとってはそんなに悪くない月でした。

マネースクエア
目次

手動トラリピの月間実績

毎週の決算損益とその合計を報告します。

手動トラリピの実現損益

2月3日 ~ の週+25,383円
2月10日 ~ の週   +12,822円  
2月17日 ~ の週+23,632円
2月24日~の週+15,189円
合計+77,026円


今月も実現損益の多い月になりました。

新型コロナウイルスの影響で特に最終週はレートが暴落しましたが、それでもちゃんと結果を残せています。

今月ほどリスクヘッジをしていてよかったと思った月はありませんでした。





各通貨ペアごとの決済履歴はこちらになります。

通貨ペア決済損益スワップ損益決済回数
ユーロ円10,531円152円17回
人民元円6,250円453円5回
豪ドルNZドル32,463円-691円29回
メキシコペソ円19,960円???20回
カナダドル円7,147円761円12回
豪ドル円0円0円0回



メキシコペソ円はかなりの決済額が出ました。

そして、それにも増して豪ドルNZドルは気持ちよく決済してくれました。

豪ドルNZドルのレートはやや上昇しましたが、まだまだ低値圏なのでこらからもたくさんの決済を期待しています。

ユーロ円売は最終週だけでなんと11回も決済があり、リスクヘッジに大きく役立ってくれました。


裁量取引などのイレギュラーな取引

2月3日 ~ の週+2,497円
2月10日 ~ の週   +7,158円  
2月17日 ~ の週+156,933円
2月24日~の週-3,800円
合計+162,788円



2月17日の週に長期保有していたメキシコペソ円を売却したので、それだけで差益10万+スワップ益4万の利益がでました。

それ以外の週も最終週をのぞけば少しですが確実に利益が出ています。

最近はかなり裁量トレードの成績がよくなりました。


窓埋めトレードの結果

2月3日 ~ の週-1,791円
2月10日 ~ の週   +636円  
2月17日 ~ の週-1,575円
2月24日~の週+3,800円
合計+1,070円



月間でもみても勝ったり負けたりで、2月も方向性のない結果になってしまいました。

単純に窓が開いたら何も考えずに取引するだけでは利益が出ないので、何か法則を見つける必要がありそうです。

損はしていないのでデータ集めのために当面は窓埋めトレードを続けます。


その他の投資の結果

2月3日 ~ の週+12,468円
2月10日 ~ の週  -11,409円  
合計+1,059円



上記の投資以外でも2月はズロチユーロ投資の決済と、ユロ人(ユーロ/人民元)投資の決済を行いました。

2月3日に週がズロチユーロの決済を行い効率よく利益を得ることができました。



また、2月10日の週に決済を行ったユロ人投資は表面上ではマイナスに見えますが、投資の結果としては利益をあげることができました。

詳しいことはこちらのブログでご確認ください

手動トラリピなどのFX合計実績

手動トラリピ  +77,026円
イレギュラーな取引 +162,788円
窓埋めトレード +1,070円
その他の投資 +1,059円


合計実現損益 +241,943円



手動トラリピなどのFX実績【1月との比較】

続いて先月と損益を比較してみます

2020年2月末の損益
実現損益:+813,616円
評価損益:-760,013円
合計損益:+53,603円

2020年1月末の損益
実現損益:+571,852円
評価損益:-646,383円
合計損益:-74,531円

先月比
実現損益:+241,943円
評価損益:-113,809円
合計損益:+128,134円



評価損益はマイナスが拡大してしまいましたが、それを上回る実現損益で、合計損益をプラスに戻すことができました。

手動トラリピなどのFX実績【2月の振り返り】

ジェットコースターのような月でした。

合計損益-7万からはじまり、+40万、+45万と過去最高を更新したと思ったら、最終週で一気に+5万円まで減ってしまいました。

ポイントとしては、みんながそこまで騒いでなかった月初での大幅なマイナスと、それとは逆にみんなが青ざめていた2月の最終週での健闘です。

要はリスクヘッジをしていたために、リスクが分散されて一度に大きなインパクトを受けずに済んだということですね。

このブログをはじめてから、何度もリスクヘッジについての記事を書きましたが、あまり大きな反響はありませんでした。


このような大暴落を経験すれば、今まで気にとめていなかった方も、リスクヘッジを意識するようになってくれると願っています。

0

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる