25万円からはじめるサイドFIREプラン登場!CLICK!

すべての投資に役立つシンプルで深い心得【わらしべ長者のマインド】

PVアクセスランキング にほんブログ村

いきなりですが500円のTシャツは安いですか?高いですか?

「安い!」と即答してしまった人は気をつけた方が良いかもしれません。

なぜなら人によっては安くない場合もあるからです。

500円のTシャツでも1度もきることなく、タンスのこやしになってしまっていてはほぼ0円の価値しかないので、高い買い物です。

めがねこ
めがねこ

いや、むしろタンスのスペースをとるからマイナスですらある

お金というのは、簡単に言うと「払った以上の価値を提供してくれるかどうか」で使うかどうか決めると良いです。

そして、これは投資を行う上でもとっても大切な心構えです。

世間の価値とあなたの価値はかなり違うことが多い

さて、冒頭の500円Tシャツの話に戻ります。

Tシャツの価値は「人による」と言いましたが、もし生地が上等で着心地やデザインも悪くないTシャツだったら普通なら「安い」と判断されます。

もしあなたのサイズに合わなくても、あなたの好みのデザインではなかったとしても良いのです。

世間の価値でそのTシャツが2,000~3,000円の値打ちがあるのであれば、それを転売する、または譲渡するという選択肢が生まれます。

そうなればそのTシャツを500円で手に入れたのはよい選択となります。

ですから通常であれば値段より世間的に価値があるのものは安いと判断できます。


でも注意しなれけばいけないのは、それが通用しない場合です。

たとえば人里はなれた場所で暮らしていて、そのTシャツをあげる人がいなかった。

そして山里なので情報がなく、となり町の服屋に1,000円でしか売れなかった。

しかもとなり町に行くのに往復で800円かかったとなれば、それはもうそのTシャツはその人にとっては決して安いものではなくなってしまいます。

とはいえ、大抵は世間の価値に合わせればよし

さっきの例はけっこう極端でしたね。 

今はネット時代なのでメルカリなどで簡単に物が売れる時代です。

また、セドリなども流行っています。 

大抵は世間的に価値があるものを安く手に入れれば、問題ありません。

もし自分が使用しなくても転売することができるので、一般的な価格帯に照らし合わせてお買い得かどうかを考えるのはとても大事なことです。

ただ、それだけを考えて物の購入をしていると500円Tシャツの例のように「自分にとって価値があるかどうか」の視点が抜け落ちてしまう可能性があります。

2つの価値観を持つ

大切なことは2つの価値観を持つことです。

1つは世間が認める価値、もう1つはあなたにとっての価値です。


そして、投資などの売却用には世間の価値と照らし合わせてお買い得なものを追い求め、あなたが所有して使用するものについてはあなた自身の価値観で高いか安いかを決めればいいのです。

ここで、立場や状況によっていかにモノの価値が変わるのか、2つの例をあげます。

200円のネジの価値は100万円?

これは聞いた話ですが、ある会社では200円のネジ1本を1万円以上払って、宅急便やバイク便を駆使して届けてもらったことがあるそうです。

普通の感覚ではありえないことですが、このネジは少しだけ特殊でそこらの量販店で簡単に手に入るものではなかったのです。

そして、このネジがないと高価な機械の故障が直せなかった・・・・・


その機械はフル稼働しているその工場にとって止まってはならないシロモノで、機械の稼働が1時間止まるだけで100万円の損失が起こる事態だったそうです。


普通の人にとってはそのネジはほとんど価値がありません。

なぜなら使うところすらないからです。

でもその会社がおかれた状況では、下手すればその200円のネジを即納できる人がいたら100万だって支払ったかもしれません。

貧乏学生がファックスを買ったワケ

それではわたしの例もひとつ挙げておきます。


私は海外に留学していたことがあって、家族や知り合いとのやり取りに不便していました。

経済的に無理して留学していたのでひんぱんに電話するお金はなく、今のようにLINEもなければメールすら普及していません。

当時の国際電話は料金もバカ高かったので、何回か電話すると料金が1万円以上もかかる時代でした。


手紙は往復に時間がかかりリアルタイムのやり取りができないので、わたしがなけなしのお金で買ったのがファックスでした。

ファックスは日本円に換算すると3万円ほどしましたが、結果的には安くつきました。

ファックスを使えば瞬時に遠くの家族ともやり取りができ、同じ情報量のやり取りでも通信料は電話の1/10以下です。

つまり、3万円のファックスは電話料金を10万円以上節約させてくれたので貧乏学生のわたしにとっては3万円以上の価値を提供してくれたのです。

常に金額以上に価値があるものを取得する

さて、500円のTシャツって安いですか?高いですか?

ほとんどの人は「安い」といいます。


もう少し注意深い人はその生地やデザインを見て悪くなければ「安い」と言います。


投資家のマインドをもっている人はそのTシャツを自分が着るのかどうか?

もし着ないのであればそれを売る、またはあげるルートがあるのだろうか? 

そしてその時に500円以上の価値をこのTシャツは提供してくれるのだろうか? まで考えて高い、安いを判断します。

この考え方は、投資をして資産を形成する上でとても大切になってきます。

皆さんはわらしべ長者の話を知っていますか? 

お金を増やせる人はつまりはわらしべ長者のマインドを持った人です。

自分にとって、そして他人にとって目の前にあるものがどれくらいの価値か判断できる人が資産を増やせるのです。


日本円の現金の価値はここ30年は非常に高いものでした。

でも近年、その価値が崩れてきています。

それに気づいた方はすでに投資をはじめているのです。

投資するペンギンさんに作っていただきました♪
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よいと思ったら広めてね!