中国人民元で【サヤ取り】はじめてます

めがねこ
めがねこ

とうとうガチのサヤ取りにも手を出してみた

手のばしすぎ?

実は年末くらいから中国人民元でスワップのサヤ取りをはじめています。

今日はその経過とやり方を紹介します。

目次

スワップのサヤ取りとは?

FXは業者によってスワップ額にかなりの差があります。 この投資法はプラススワップが高い業者の口座で通貨ペアを買いマイナススワップが安い業者で同額の通貨ペアを売るという投資法です。

この、プラススワップマイナススワップの状態が続く限り、毎日スワップの差額が利益になるので、かなり確実な投資法といえます。

今回は人民元のプラススワップがLIGHT FXで日額20円(2020年1月31日までの期間限定)、セントラル短資FXで-6円と差額が大きいかったので、はじめて本格的なスワップのサヤ取りに挑戦してみました。

中国人民元のサヤ取りの運用方法

運用方法はとても簡単です。

同じだけの通貨量売り買いをできるだけ同時に保有します。

同時というのはできるだけレートの差をなくすためです。

今回、20万通貨ずつやってみました。

画面では38万通貨になっていますが、これはサヤ取り以外のポジションも含まれているためです。

どうせやるならと、スワップがたくさんもらえる日を選んではじめました。

現在の運用状況

増えてるのか?

まずはセントラル短資FXのスクリーンショットがこれです。

セントラル短資FXの人民元ポジション
セントラル短資FXのポジション
評価額とスワップ額のクローズアップ
評価額とスワップ額のクローズアップ
セントラル短資FXの合計損益

評価額 +30,200円
スワップ -1,080円
合計 +29,120円


そして、LIGHT FXのスクリーンショットです。

LIGHT FXの人民元ポジション
LIGHT FXのポジション

ただしLIGHT FXは先リピなどの分も含まれているので、ここからサヤ取りの分だけ抜き出して計算してみます。

LIGHT FXの合計損益

評価額 
-60,800÷38×20= -32,000円
スワップ
+6840 ÷38×20= +3,600円
合計 
-28,400円

それぞれの合計が出たので両方をたしてみます。

セントラル短資FX — +29,120円
LIGHT FX — -28,400円

合計損益 +720円

今後の予想

LIGHT FXがキャンペーンでかなり高いスワップを提供してくれているので1月中は利益を大きく伸ばせると予想しています。

現状が続いたと仮定すれば1万通貨あたりのスワップ差額は+14円で20万通貨の運用なので一日280円の利益があがることになります。

2月になればLIGHT FXのスワップは落ちると予想されるので、また2月に入った頃に運用報告をしてみたいと思います。

めがねこ
めがねこ

つまり破格LIGHT FXのスワップの恩恵を受けようというわけだにゃ



0
LINE証券

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる