投資とギャンブルは同じじゃないの?という奥さんを説得したい!

心配性の奥さん
心配性の奥さん

あなたぁ、投資なんてギャンブルのようなものなんだからやめてよね!

あなた
あなた

投資はギャンブルじゃないから大丈夫なの

夕ご飯後のまったりとした平穏な時間はどこへやら

今夜もどこか家のテレビのついたリビングでは、間違いなくこんな会話が繰り広げられている。

それほど「投資/ギャンブル論争」は物議(ぶつぎ)をかもす話題なのだ。

Twitterのアンケートをとったら2割近くの人は投資とギャンブルは「同じ」という回答だった。

もちろん、ギャンブルと投資は損をしたり得をしたりする面においては似ているといえる。


でも、その本質を考えれば投資とギャンブルは天と地ほども違う行為なのだ。

このブログを読んで、ぜひ投資に否定的なあなたの奥さんを説得してほしい。

目次

投資とギャンブルの違い-プラスサムとマイナスサム

まずはジャブで奥さんをけん制しよう(あくまでも情報として 言い合いになったからといって愛する奥さんに手をださないように)

投資とギャンブルは違う。

なぜなら、ギャンブルはマイナスサムで投資はプラスサムだから

ギャンブルはマイナスサム

ギャンブルはすべての参加者が損をする。

いや、すべてというのは言い過ぎかもしれない。

でも、大半が損をする。


簡単な話だ

ギャンブルには必ず主催者がいて、その主催者が儲かるようになっている。


競馬でも、宝くじでも、パチンコでも、雀荘のマージャンでも、世の中にあるギャンブルはすべてそうだ。

JRAが儲かり、パチンコ店が儲かり、雀荘が儲かる。


その儲けを引いた残った中から参加者はお金を奪い合う

オブラートに包まれているけれど、すべてのギャンブルはそういう図式になっている。

つまりマイナスサムとは参加者の収支のトータルが必ずマイナスになること

だから参加者としてギャンブルで安定的に儲けるのは至難のわざ。


あなたの奥さんが「ギャンブルはやめろ!」と口酸っぱく言うようなら絶対たいせつにしたほうがいい。

彼女は賢く、家庭想いで、そして限りなく正しい。

投資はプラスサム

ギャンブルに比べ投資は基本的にはプラスサムだ。

もし会社が発展して持っている株価があがったらどうなる?


株を買ったあなたは当然儲かる

でも、それだけではなく株を買ったほとんどの人は儲かっている。

さらには株を発行している会社だって儲かるのだ。

これがプラスサム

投資は参加者の収支のトータルがプラスになるプラスサム


でもプラスサム、マイナスサムの説明だけではあなたの奥さんは納得しないはずだ。

なぜなら、あなたの奥さんは参加者全員の収支なんてどうでもいい。


あなたが利益を出すか損をするかしか頭にないのだから。

投資もギャンブルもお金を失うリスクがある

そう、これは残念なお知らせだか、あなたがギャンブルをすっぱりやめて投資だけをしていてもお金を失うリスクはつきまとう。

投資がプラスサムだからと言って全員が儲かるわけではなく、ギャンブルがマイナスサムだからと言って必ず損をするというわけでもない。


もし、投資もギャンブルも「お金を失うリスクがある意味では同じ」と奥さんに言われたら絶対に逆らうな。

正しいことを捻じ曲げる夫は嫌われる。


その時は優しい声でこう認めよう

あなた
あなた

投資もギャンブルもお金を失うリスクがあるという点では全く同じだね

でも本丸の奥さんの攻略ポイントはここしかない。

ギャンブルも投資もお金を増やせる保証はない。

だから同じ、だからやめろ。


この点を攻略しないと奥さんは説得できない。

奥さんの頭の中はきっとこんな論法ができあがっている

投資もギャンブルもお金を失うリスクがある

ギャンブルは不毛

投資もお金を失うリスクがあるから不毛

投資とギャンブルは言葉の意味からして違う

このままでは言いくるめられてしまうので、このへんでストレートを出してみよう。

お金の損得だけではなく、投資とギャンブルの意味について目を向けさせる作戦だ。

ギャンブルは掛け金として出し合ったお金を分配する行為

繰り返しになるがギャンブルは参加者が掛け金を出し合って、それを全部集めて主産者がいちぶのお金を抜き残りを再分配する行為だ。

ギャンブルとは

掛け金を出し合う

集める

主催者が取り分を抜く

再分配する

つきつめると、ギャンブルはお金を集める仕事をする人(主産者)がその見返りにいちぶのお金を抜き、残りを幸運な参加者に分配しているという、まったく生産性のない行為だ。


だからギャンブルは、高揚感を得るなどのエンタメ性はあるが、それ以外には経済活動にこうけんしていない。

投資はなにかを成し遂げるために投じるお金

投資の意味を考えるとギャンブルとの違いが浮き彫りになってくる。

投資は何かに対してお金を投じる行為だ。

1番簡単な会社の株で説明しよう。

あなたがAmazonの株を買ったら株価が上昇し売却益を得た

株価上昇のカラクリをみると投資とギャンブルの違いが浮き彫りになってくる

株でAmazonに投資する

Amazonはそのお金でアマプラなどの便利なサービスを作る

みんな喜んでアマプラに入りAmazonは儲かる

Amazonの株価があがる

あなたも儲かる


Amazon株を買うことであなたはAmazonの事業資金を支えていることに他ならない。

そして、Amazonはその資金によってよりよいサービスを社会に送りだす。

投資はギャンブルと違い資本主義の経済発展に大きく貢献する活動だ。

投資とギャンブルの違いは方向性

ここまで話して、あなたの奥さんが少しでも投資に対してのアレルギーが緩和されているのを願う。

そうでなければ、もう手の施しようがないからだ。


まだ望みがあるなら、仕上げはこうだ。

キミが言うようにギャンブルも投資もお金を失うリスクがあるのは、その通りだね。

だから投資=すべて良いなんて思ってはいないよ。


でも、ギャンブルはこの世からなくなっても問題ないけど、投資がこの世界からなくなると困るよね?

経済が発展しなければ、キミが好きなChloe(クロエ)のバッグだってこの世になかったはずよ。

キミが好きなChloe(クロエ)のバッグを買うのなら、ボクがChloe(クロエ)の株を買うのも、そんなに悪いアイデアではないはずだよね?


それに、ステキなものに投資をするということは、そのステキさが多くの人に認められれば利益が出る可能性が高いってことだ。

どう、これでもまだ投資に反対かい?

奥さんは後ろを向いていて、その表情は見えなかった・・・・

めがねこ
めがねこ

これで奥さんを説得できるといいね~

ちゃっぴ
ちゃっぴ

どうかな~? これでも半数以上の奥さんは反対しそうだね

めがねこ
めがねこ
+11

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よいと思ったら広めてね!
目次
閉じる