投資は危険だというマキシマムな「むじゅん」

いまだに投資は危険だという人があとを絶ちません。

こういう人達は「車は危険だ」とか「クレジットカードは危険だ」という人と同じで、本質が見えていません。


投資が危険と考える人がいかにむじゅんをはらんでいるのかをこのブログで説明します。

投資は危険という99.9%の人がじつは投資をしている

「投資は危険だ」という人は自分は全く投資をしていないとカン違いしています。

だって日本人の99.9%は投資してるから。

その投資とは「銀行預金」です。

みんなお金を銀行に預け入れ、それを元に銀行は国債を買ったり企業にお金を貸したりしているのです。


銀行の預金が多くの投資と違うところは元本保証があるところです。

元本が保証されているから投資じゃない、安全だ。


投資が危険だという人はほぼこういう発想です。

投資は危険という人と投資家どっちがお金と経済にくわしい?

どんな理由をつけても、結局99.9%の日本人は投資をしているのです。

そして多くの人は目先にあるとりあえず元本保証のある銀行にお金を預けるのです。


そして「他の投資は金銭が減るリスクがあるから危険だ」とさけぶのです。

これがどれほどバカげたことだか、わかりますか?

なにも考えず目先のものに飛びつく人が優れてる?

まずは1つ質問させてください。

なにも調べず目先にある銀行にお金を預けている人と、お金や経済の仕組みについて勉強し適切な投資先を決めている人と、どちらが知識がありますか?

元本保証って安全なの?

そもそも元本保証が安全だという考えが安易です。

お金自体は減らずとも物価が上がれば、同じお金で買える購買力は下がります。

預金で500円が550円になっても、そのお金で食べようと思っていた牛丼が、500円から600円に値上がりしてしまえば、それは損していることとなんらかわりはありません。

さらに、過去には日本でも預金封鎖が起こりました。

銀行に預けると100%安全という考えからして正確ではないのです。

そもそも全員がリスクをしょっている

つまりは、わたしたち全員がはじめからリスクをしょっているということなんです。


「投資は危険だ」といって銀行預金しかしない人は、自分はリスクを最小限に抑えているというカン違いをしているだけです。

例えれば、嵐が来ても外の状況をみることもせず、家の補修もせずにただただ引きこもっている人と同じです。

だから、やみくもに「投資は危険だ」という人にはむじゅんしか感じないのです。

2+

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よいと思ったら広めてね!
目次
閉じる