メキシコペソ円手動トラリピでいくら儲かった?-1年3ヶ月の運用実績

めがねこ
めがねこ

15万円の利益?本当か?

おそらく最近では1番の注目を集めているであろうメキシコペソ円。

2018年9月に私が運用をはじめた時点では、マネースクエアのトラリピなどの自動売買ではメキシコペソ円の取り扱いはありませんでした。

しかし今や複数のFX会社で取り扱いがありますね。

今年の9月にはなんと、みんなのFXでもメキシコペソ円の自動売買をはじめるなど、各社こぞってメキシコペソ円のトラリピを打ち出してきています。

そんなメキシコペソ円の運用でいくら儲かったのか?

実績を振り返ってみようというのが今回のブログの主旨です。

目次

めがねこのメキシコペソ円運用ルール

まずはざっくりと運用ルールを説明します。

仕掛けレンジは4.8円~6.5円(上は変更の可能性あり)で運用当初から変わっていません。

仕掛け幅や決済幅を段々と変更しています。


期間仕掛け幅決済幅
2018年9月~2019年3月0.1円0.1円
2019年3月~8月0.05円0.05円
2019年8月~10月0.02 or 0.03円0.06円
2019年10月~11月0.01円0.06円
2019年11月~0.01円0.1円

5.8円を超えたら0.02~0.03円の仕掛け幅にする変動性を採用


簡単にいうと運用規模を段々大きくしたということになりますね。

どんどん利益が出たので運用を広げていったのです。

11月17日時点のメキシコペソ円の運用実績

前回の11月17日に報告した利益がこちらになります。

2019年11月17日現在のメキシコペソ円運用実績 (以前と実現損益の計算方法が違います)
実現損益 -2,877円
(2019年8月に口座を移動した際のマイナス決済額含む)
実現スワップ益+74,819円
(今はスワップは毎日口座に入金なので含み益はなし)
合計 +71,942円


評価額 +38,740円
評価額を含めた現在の合計損益 +110,682円

合計損益は約11万円のプラスでした。

この合計損益には間違いはないのですが、口座を移動したために実現損益マイナスになっています。

通常ですと損切りしない手動トラリピで実現損益がマイナスなることはありません。

このように口座移動のために実態がわかりにくい数字になってしまっていたので今回は計算をし直しました。

12月21日時点のメキシコペソ円の運用実績

めがねこ
めがねこ

今回はわかりやすいんやろな?

まずはこちらが実績の表になります。

10月12日前までは評価額の記録がないので、10月12日はそれまでの総合成績になっています。

決算額については基本は決算損益+決算スワップ益になっていますが、途中から決算スワップ益の計算をやめたので実際はもう少し多い金額です。

さらに、その時々の含みスワップ益はわからないので今回の表に入っていません。

12月21日現在の含みスワップ益は28,601円でしたので、これをプラスした額が12月21日時点の合計損益になります。

2019年12月21日現在のメキシコペソ円運用実績
実現損益 +実現スワップ益
+143,386円+α
評価額
-21,830円
含みスワップ額
+28,601円
評価額を含めた現在の合計損益
+154,277円+α

12月21日時点のメキシコペソ円の運用実績のグラフ

参考までにグラフ化してみました。

含みスワップ益の分は入っていないので正確なグラフにはなりませんが、評価額の動きなどはわかってもらえるはずです。

青い棒が合計損益です。

11月末にレートが下がり評価額が悪化したため一時的に合計損益も少なくなっていますが、そこからの巻き返しで現在は合計損益額が最高額を記録しています。

先程も触れましたがこれに計上されていないスワップ益の28,601円が加わった数字が合計損益になります。

メキシコペソ円の合計損益が約15万5千円、今の私のすべての運用合計損益が約16万5千円。

あくまでも現時点の結果ですが、なんとメキシコペソ円だけ運用しても成績がさほど変わらないという結果が出てしまいました!

メキシコペソ円はやはり一番おすすめできる通貨ペアでした

改めてメキシコペソ円の運用が今のところ運用している通貨ペアの中では1番利益を出している通貨ペアだということが確認できました。

やはりメキシコペソ円おすすめです!

もう知らない人みんなに触れてまわりたいくらいおすすめです(笑)

もし運用をはじめてみようと思う方には、少なくとも史上最安値付近の4.8円を想定しておくと安全性が高いです。

それでも安心できない安全指向の方は4円くらいまで相場が下落することを想定しても良いです。

ただし私の実績からもわかるとおり、一度運用をはじめると確実に利益が積み重なってくるのでどんどんロスカットする危険性が減ります。


はじめは史上最安値の4.8円くらいを想定するくらいのリスク感で運用をはじめても、1年2年利益を積み重ねていくと自然と4円くらいまで耐えられるようになります。

ですから、下手に安全策をとりすぎるのも個人的にはあまりおすすめしません。

現に私のメキシコペソ円に関するブログを読んでいただければわかりますが、リスクを取った運用をするごとに利益が加速しています。

最後はご自身の判断で投資スタイルを決めて運用することをお勧めしますが、私よりリスクを取って大きく運用している人も多数なので、私がブログ内で提案する運用方法の安全性は高めだと考えます。

0
LINE証券

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる