手動トラリピでロスカットレートを知る方法【保存版】

トラリ初心さん
トラリ初心さん

手動トラリピをやってみたいけどロスカットレートがわからなくて不安

めがねこ
めがねこ

そんな、あなたのためにこのブログを書きました

手動トラリピは一般のFX口座を使って運用します。

ですからトラリピ専用のロスカットシュミレーションが使えません。

ごうどん
ごうどん

でも大丈夫だどん

自分で簡単な計算をする必要はありますが、一般口座用の証拠金シュミレーションを流用すれば、わりと簡単に手動トラリピのロスカットレートを調べることができます♪

ポイント

簡単な計算で手動トラリピのロスカットレートがわかる

目次

手動トラリピのロスカットレートを計算する方法

一般FX用の証拠金シュミレーションを使って入力する数字を自分で導き出せばロスカットレートが計算できます。

まずは証拠金シュミレーションのサイトへ行ってみましょう。

➡みんなのFX証拠金シュミレーション

ログインは不要なのでみんなのFXの口座アカウントを持っていない人でも利用できます。
*ほかの証拠金シュミレーションのサイトでも可

入力する情報を確認する

証拠金シュミレーションにある6つの情報を入力すればロスカットレートが算出されます。

この①~⑥までを入力していきます。

①通貨ペア

ロスカットレートを算出する通貨ペアを選択します

②レート

トラリピ用に計算が必要になります!

以下の計算を行い、その結果を入力します

②の計算式

(トラップ上限+トラップ下限)÷2

トラップ幅が均等でない場合(トッピングリピートなどがある場合)はこの計算式は適用できません

③レバレッジ

法人ではない限りレバレッジは25倍なので、そのままにします。

④数量(Lot)

トラリピ用に計算が必要になります!

以下の計算を行い、その結果を入力します

④の計算式

{(トラップ上限-トラップ下限)÷トラップ幅×1回の通貨数}+1回の通貨数

1回の通貨数はLotを使って計算してください。

みんなのFXでは1Lotは10,000通貨になりますので、1000通貨だと0.1Lotになります。

トラップ毎の通貨数をかえている場合はこの計算式は適用できません

⑤売買

売りトラリピなのか、買いトラリピなのかを選びます。

⑥純資産額

運用する予定の資産額を入力します。


すべての入力が終わったら計算をクリックするとロスカットレートが出力されます。

【例】手動トラリピのロスカットレート算出

それでは、1つ例を使って実際にロスカットレートを算出してみます。

通貨ペアカナダドル円
トラップレンジ72~87円
トラップ幅0.5円
1回の通貨数1000通貨
売買
資金50万円

①通貨ペア

「カナダドル円」を選択します。

②レート

②の計算式

(トラップ上限+トラップ下限)÷2

上限が87円、下限が72円なので、以下の計算式になります。

(87円+72円)÷2

計算すると答えは79.5円になるので②には79.5を入力します。

③レバレッジ

そのままにします。

④数量(Lot)

④の計算式

{(トラップ上限-トラップ下限)÷トラップ幅×1回の通貨数}+1回の通貨数

トラップ上限は87円、下限は72円です。

トラップ幅は0.5円で、1回の通貨数は1000通貨なので、これを計算式に当てはめます。

{(87円-72円)÷0.5円x0.1}+0.1

1回の通貨数はLotなので0.1となることに注意してください。

計算すると答えは3.1になるので④には3.1を入力します。

⑤売買

今回は買いトラリピなので買を選びます。

⑥純資産額

資産額は50万円なので⑥には500000と入力します。

結果を出力

下の画像のように、すべての情報を入力します。

入力が終わったら計算をクリックするとロスカットレートが出力されます。

ロスカットレート(ロスカットライン)は66.012円と算出されました!

手動トラリピのロスカットレート算出のポイント

3つのポイントを踏まえて、手動トラリピのロスカットレート算出を自分のものにしましょう!

3つのポイント
  • 一般の証拠金シュミレーションを使う
  • 「レート」を出す計算式
  • 全ポジションを出す計算式

一般の証拠金シュミレーションを使う

トラリピとはいえ、FXで普通にポジションを持つことと本質はなにも変わりません。

ですから、一般の証拠金シュミレーションを利用できます。

レートを出す計算式

トラリピのポジション1つ1つはすべてレートが違いますが、証拠金シュミレーションの「レート」の欄には、すべてのポジションの平均レートを入力すれば代用できます。

普通のトラリピであれば、下記の簡単な計算式で平均を出すことができます。

レート平均を出す計算式

(トラップ上限+トラップ下限)÷2

全ポジションを出す計算式

証拠金シュミレーションの「数量」の欄には、全ポジションの数量を入力しますが、こちらも普通のトラリピであれば簡単な計算式で求めることができます。
*見た目はちょっと複雑ですが計算は簡単です

全ポジションの数量を求める計算式

{(トラップ上限-トラップ下限)÷トラップ幅×1回の通貨数}+1回の通貨数

めがねこ
めがねこ

これはトラップの本数がわからない時の計算方法だよ

ちゃっぴ
ちゃっぴ

本数がわかっていたら「本数xLot」でいいからさらに簡単

あとは証拠金シュミレーションに情報を入れるだけ

証拠金シュミレーションの「レート」と「数量」だけは、トラリピ用に計算を行い算出します。

あとは、運用情報に沿ってそのまま入力するだけで手動トラリピでもロスカットレートを簡単に求めることができます。

計算方法の解説

計算式の解説については後日、追記します。

手動トラリピのロスカットレートを知って安全に運用しよう

手動トラリピの運用はやってみると意外と簡単だと感じる人が多いようです。

ただしロスカットレートの算出については案外むずかしく、詳しいロスカットレートを知らずに運用している人も多いのではないでしょうか?

残念ながら手動トラリピでは、情報を入力すれば1発でロスカットレートが算出されるような便利なものはありません。

それでも、少しの知識と計算ができればこのようにロスカットレートの概算を算出することができます。


最近、利益率をアップさせることができる手動トラリピに興味を持ってくれる人が増えています。

このブログはそういう方々からの要望を受けて執筆しました。

めがねこ
めがねこ

このブログが少しでもあなたの役に立てば嬉しいです



8+

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よいと思ったら広めてね!
目次
閉じる