【手動トラリピ】カナダドル円1年4ヶ月の運用実績

めがねこ
めがねこ

実現損益9万円 含み損を入れても約75,000円の利益でした

安定して利益を出しているカナダドル円。

2ヶ月ほど前に報告した前回の運用実績と比べてみましょう。

マネースクエア
目次

カナダドル円手動トラリピの基本ルール

取引期間 2018年11月~現在
仕掛け幅 70円~90円 買いのみ
仕掛け幅 0.25円ごとに1000通貨買い(以前は0.5円)
決済幅 0.5円上昇したら決済

上記のルールで運用するならば必要資金は45万円です。

カナダドル円の史上最安値は72円なので70円以下にはレートが落ちないという前提で運用しています。


0.5円ごとの買いで運用するなら資金20万円ほどで運用できます。

カナダドル円の特徴


ブログ執筆時の2020年2月時点でも政策金利が高水準の1.75% 。

世界中は利下げの流れなのに、カナダはこの政策金利が1年半以上も続いている。


カナダドル円のレートも安定。 

この3年では76円~91円、ここ10年でも72円~104円

手動トラリピを行うのに1,2を争うほどのおすすめ通貨ペアなのです。

カナダドル円を1年4ヶ月運用した結果

2020年2月15日現在の収支は実現損益合計が+91,855円、含み損が-16,453円でした。

差額は+75,402円となりました。

手動トラリピ、カナダドル円の運用結果表

これを半年前のブログ開始時と比べると実現損益で+43,562円、含み損も加味した合計損益で+98,005円でした。


また2ヶ月前の2019年12月14日と比べると実現損益で+10,804円、含み損も加味した合計損益で+8,868円となりました。

カナダドル円手動トラリピ運用の推移

ブログをはじめてからのカナダドル円手動トラリピ運用の収益をグラフにしましたのでご覧ください。

青い棒グラフが合計損益、つまり実際の利益です。

途中少し減っている箇所もありますが基本的には右肩あがりです。

ブログをはじめた2019年9月1日だけがマイナスでした。

しかしその後はずっとプラスで額も少しずつ増えています。



資金45万円で1年4ヶ月間カナダドル円を運用して利益は7万5千円でした。

これを年利にすると約12.5%です。



ちなみにですがこの手動トラリピをはじめた2018年11月のカナダドル円のレートは約86.5円。

そして今は83円より少し下です。 

つまり3.5円以上もレートが下がっているのに資金は順調に増えています!

カナダドル円の手動トラリピはすごく魅力的な投資ですね。

カナダドル円手動トラリピは安定してリターンを見込める

最近は話題になることが少なく感じますが、カナダドル円手動トラリピはやはり安定、安心の結果でした。

高金利で近日値動きが安定しているメキシコペソ円投資が最近の流行りですが、長期にわたって安定しているカナダドル円は堅実な投資と言えそうです。

この半年の運用を見るとスワップ益のみで1万円を越えています。

スワップ額は口座によって違うので良い口座で運用することが大切です。

LIGHT FXのようにカナダドル円のスワップ額が高い口座で運用すればさらに利益をもたらしてくれる投資になります。

LIGHT FX
0

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる