FXトレード4日で大損(-644,072円)した全記録【税金対策だったの?】

めがねこ
めがねこ

大損トレーダーめがねこです

ちゃっぴ
ちゃっぴ

ほんとうにカン違いされるから(笑)


わたし、めがねこ手動トラリピという手法でFX取引を行っています。

ふだんは着実に利益を積み重ねている代わりに、含み損(評価損)がどんどんたまってしまっています。


このブログは4日間で含み損のポジションを処分したときの記録です。

マネースクエア_豪ドル/NZドル
目次

FXトレード大損のキセキ

【1日目】-167,889円


コロナで死んだペソ円の処分セール①



マイナススワップもキツいナゾの人民元【売】ポジションを永久に抹消



ユーロ円の買いとドルフラン(USDCHF)の売りポジションも決済 
マイナススワップともこれでさよなら

【2日目】-298,293円


エースの豪ドルNZドルの保険トレードもシャレにならない金額の含み損を発生させていた!
保険で15万、でも保険料は約20万



高金利通貨はスワップがたくさんもらえるけど、その10倍の評価損が出ては無意味

【3日目】-103,866円


コロナで死んだペソ円の処分セール②
なかなかエグい

【4日目】-74,024円

コロナで死んだペソ円の処分セール③ 
じつは持ち替え(売ってすぐに買う)をしているので本当に決済したわけではない

大損トレードはなんのため?

大損をしているポジションをこんなにもっていたのは恥ずべきことです。

でも、どんどん損失を出したのにはある目的がありました。


FXの利益は税法上、雑所得の中でも「先物取引に係る雑所得等」に分類されます。

ここに分類される税金は申告分離課税の対象になるので、一律20.315%の税金が課税されることになっています。

課税の条件は確定申告の有無など、人によって変わってきますがここでは割愛します。

ここで気をつけていただきたいことは、含み損(未決済のポジション)は全く考慮されないことです(法人は除く)

特にFXでトラリピをやっている人は気をつけてください。

めがねこ
めがねこ

じぇじぇじぇじぇ、赤字なのに課税対象125万円


今回は課税対象の額を減らすための処置でした。

税金の計算は1月1日~12月31日までですが、いまのうちに少し調整が必要だと思ってこの作業を行いました。


今回だけで644,072円の含み損を確定させたので課税対象もかなり減ります。


大損トレードのおかげで課税対象が65万円も減りました‼

つまり

65万円×20.315%=約13万2千円 税額が減ることになります‼

税金に注目すれば故意に大損することも必要

少しは(特にトラリピにおいては)含み損を清算する大切さがわかってもらえましたか?

FXで取引する際はぜひ税金のことも頭のかたすみにおいて取引してください。


無頓着に取引をしていると思わぬ高額の税金が徴収される場合もありますのでお気をつけあれ。

めがねこ
めがねこ

年末までにはFXのくわしい税金の仕組みをブログにアップするよ

3+

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる