25万円からはじめるサイドFIREプラン登場!CLICK!

シダ植物さんの頭の中【代用FXで稼いでいるのはお金じゃない】

PVアクセスランキング にほんブログ村

トラクラ(リピート系売買のクラスター≒株クラ)のブロガーがTwitter上でトークを繰り広げるトラクラヂオ

シダ植物さんの回は実に興味深いものとなりました。

わたしは親交が深かったので、いままでシダ植物さんの代用FXについてはよく理解をしていると思っていましたが、新しく気づいたことも多かったのです。

非常に洗礼されたシダ植物さんの代用FX

ブログでは主に運用や目的を遂行する手法に焦点を当てているので、シダ植物さんの概要や狙いについて、改めてこのブログ上で整理してみたいと思います。

利益額を追い求める普通の投資とは一線を画すシダ植物さんの投資戦略

シダ植物さんがトラクラヂオで話すのを聞いて、改めてハッキリしたことがあります。

それは、こんな驚愕の事実です。

シダ植物さんはそもそも利益(お金)すら求めていない

ちょっと語弊があるので補足します。

もちろん、シダ植物さんも資産を増やして配当金等の収入を将来的には狙っています。

でも、シダ植物さんの頭の中には、そもそもお金を増やそうという考えすら今のところはないのです。

シダ植物さんの資産運用

このような3ステップで考えていて、現在はステップ2に注力しているように思えます。

そのツールとして代用FXを使いこなしているのです。

単位は円ではなくて株

わたしを含め多くの方がお金というものを単位として資産価値をはかりますが、現在のシダ植物さんはそのステップにはいません。

めがねこ
めがねこ

めがねこをはじめ、みんないくら儲かった(損した)ばかり言ってるよね

シダ植物さんにとっては、株やETFをどれだけ増やすかが1番の関心事なのです

株をFXの証拠金に充てられることを知ったシダ植物さんは、資金さえあれば高い確実性を持って利益を出せるトラリピの概念も知っていました。

これを確実に行えば資金0円でもFXで多少の利益を出すことができ、その利益でまた株やETFを購入することができる。

つまり、一定の株やETFを取得すれば、それを証拠金にして株の取得数をどんどん増やすことができる

このように考えたのです。

資産は株、株は資産

株やETFは確実な資産になりえます。

個別株は株価の上下がはげしいですが、米国などの著名な株価指数に投資するETFは安定しています。

将来において、必ず値上がりするとまでは言えませんが、確実に一定以上の価値は持ち続けるのです。

その株やETFの取得数をどんどん増やすとどうなるか?

答えはFIRE達成です。

株やETFから配当金がバンバン入るのでそれだけで大きな収入になります。

万が一、収入が厳しくなったとしても、その時は株を少し売却すればいいのです。

悪い方のケースを想定してさえこの調子です。

運がよければ株の価値はどんどん上昇し巨万の富を築くことすらできるかもしれません。

目先の株価に惑わされず、しっかりとした価値を持ち続ける株数を富の単位においているところが、シダ植物さんのスゴさなのです

シダ植物さんの代用FXは株を増殖させる装置

シダ植物さんの運用実績をみるとその時によってバラつきが大きいです。

さらに、大きくマイナスを記録している運用月もあり、その金額だけみると物足りなく感じる方も多いでしょう。

でも、それはお金を単位にして実績をはかっているためです

事実、シダ植物さんの株やETFの取得数はどんどん増えています。

代用FXを使い、手動トラリピをベースとしたFX運用で確定利益を出し、その利益でひたすら株やETFの取得数を増やしているのです。

お金を単位にしてみてしまうと、FXの含み損や株価によって、シダ植物さんの資産は大きく増えたり減ったりしているように見えます。

しかし、その実態はFXはつねに耐えられるだけの含み損にとどめ、FXの利益で株やETFをひたすら増やすことを狙っています。

もちろんこれは理想の状態なので実際はFXの損切りや、株の売却なども行いながら、まだ試行錯誤をされています。

でも、この手法が確立されれば追加資金0の株の増殖装置が完成するのです。

目先のお金に捕らわれず株という富をどんどん増やすシダ植物さんのブログは、これからも目が離せません。

シダ植物さんのブログを読む際には、この「安全に追加資金0でも株の取得数をどんどん増やす」というコンセプトを知っていると理解が大きく深まるでしょう。

投資するペンギンさんに作っていただきました♪
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よいと思ったら広めてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!