手動トラリピで【お宝通貨ペア】ドルフラン(USDCHF)の運用はじめます

めがねこ
めがねこ

いきなりだけど、ドルフランって聞いたことある?


トラリピであまり運用をしているのを見たことがないドルフラン(USDCHF)

アビさんのツイートをきっかけにガゼン興味がわいていきました。



アビさんに触発されてめがねこもバックテストを行ったところ「なにかの間違いか?」と思うほどの結果が出てしまったドルフラン(USDCHF)

ごうどん
ごうどん

絶対王者の豪ドルNZドル(AUDNZD)をもしのぐ結果だどん



資金繰りはそうとうきびしいんだけど、ここまで利益が出るならやるしかないっしょ!

ということでドルフラン(USDCHF)の手動トラリピ運用はじめました。

マネースクエア_豪ドル/NZドル
目次

ドルフラン(USDCHF)の手動トラリピはレンジ内なら天国モード

ドルフランはバックテストどおりになればおそろしい勢いで利益がでます。

複利の力を借りれば、3年で資金は約6倍、5年で19倍!

めがねこ
めがねこ

そうなったら、行きたくもない会社に行かなくてもよくなるね♪

・・・とこれはあくまで過去5年のバックテスト通りにいった場合の話

実はバックテスト期間の半年ほど前の2015年1月にはスイスフランショックが起こってました。

このときのスイスフランは歴史に語り継がれるような暴騰を記録!


もしおなじようなことが起こったら、資金を一気にもっていかれてロスカットの危険があります。

運用するなら、このショックにそなえる方法も考えなければいけません。


トラップを仕掛けたレンジ内に収まってくれれば天国なんですけどね。

ドルフラン(USDCHF)の手動トラリピ設定

いろいろ考えた末に、めがねこは少しだけスイスフランショックにも耐えやすい設定で、手動トラリピを運用することにしました。

資金50万


バックテストのときより、運用レンジを0.002下にずらす設定です。

こうすることで、利益率は大きく下がってしまいますが、安全性はあがると判断しました。


資金もギリギリの状況なので、まずはこれではじめてみます。

めがねこ
めがねこ

バックテストのイジゲンな利益より、安全をゆうせんしたよ

ちゃっぴ
ちゃっぴ

なんとこの設定でも利益率が50%こえていたらしいよ

スイスフランショックはあまり恐れていません

めがねこはスイスフランショックの再来を恐れていません。

理由は2つ

ショックではなく、なだらかなスイスフラン高に

2015年のスイスフランショックでは、当のスイスフランやユーロは大きなダメージを受けました。

コロナショック時の対応を見てもそうですが、1度起こったことに対しては必ず対策を行ってくるはずです。


スイスフラン高の傾向はかわらずとも、あのような大きなショックはこんご起こりにくいと考えます。

スイスフランは単独の要因

もう1つはショックのタイミングです。

前回のスイスフランショックでも「スイスフラン関連だけ」が暴騰しました。

コロナショックの時のようなFXすべてに大きな影響を与える円高やドル高とはわけが違います。


スイスフランショックがもし再来したら、ドルフランのトラリピ運用には恐ろしいほどの影響を与えそうです。


でも、そのとき他の通貨ペアのトラリピ運用にはあまり影響はないと予想します。

だから、そのときは一時的に他のトラリピの資金を流用することも可能かなと思っています。

トラリピの新おすすめ通貨

ドルフラン(USDCHF)のいまのレートは約0.94なのでやや安値の位置です。

ここからもしレートが下がっても(スイスフラン高になっても)しのぎやすいので、運用をはじめるタイミングとしては悪くはないでしょう。

ぎゃくのフラン安になっても、そのときは決済利益がかなりたまっているのでしのげると判断しました。


買いで入るとスワップもプラスなので少しずつ資金が増えていくのもナイスです♪

めがねこの第6の手動トラリピ通貨ペアはドルフラン(USDCHF)です。

3+

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よいと思ったら広めてね!
目次
閉じる