手動トラリピ VS 自動トラリピ

自動トラリピと手動トラリピのメリット、デメリットについてチェックしていきましょう。


ここでは自動トラリピと表現を使っているものは、トラリピ、ループイフダンなどのリピート系注文すべてを指しています。

目次

自動トラリピのメリット

自動トラリピにはさまざまなメリットがあります。

はじめに設定をしておけばほったらかしでOK

自動トラリピの最大のメリットはなんといっても一度設定をしてしまえば、資金がある限りずっと自動で取引してくれることです。


潤沢な資金を入れておけば、半年、1年ほったらかしでも知らない内にたくさんの利益が出ていたなんてこともあります。 


その手軽さが大きなメリットです。

漏れがないので機会損失がなくなる

もう一つの大きなメリットは機会損失がなくなるという点です。 


これは手動でトラリピをやっていると実感できることですが、寝ている最中に決済してしまうことがあります。


そして、朝起きたときには、新規注文のチャンスを逃すことがごく稀にあるのです。

 

自動のトラリピでしたら、決済注文が成立したタイミングで自動でIFD注文を入れるので、この「注文漏れ」を回避することができます。

資金管理がしやすい

自動のトラリピを運営しているFX会社はシュミレーションツールが充実しています。


たとえば、トラリピだとトラリピ運用試算表 が利用でき簡単に資産管理ができます。


手動トラリピでは自分で試算するかネットで試算ツールを探さなければいけません。

自動トラリピのデメリット

一見、便利なトラリピですが、デメリットもあります。

手数料が高い

トラリピの手数料は最近は無料のところがほとんどです。 


しかしその分売る時と買う時の価格差(スプレッド)は普通の売買に比べるとやはり目に見えて高いです。


例えばドル円ですと今はスプレッドが0.3銭くらいが主流ですが自動トラリピだと2019年夏の段階ではその2倍から10倍近くのスプレッドなのでこの差はかなり大きいと思います。

選べる通貨が少ない

選べる通貨が少ないのも自動トラリピのデメリットです。 


今でこそ、メキシコペソ円のトラリピ系自動注文の取り扱いが2019年中旬からはじまっていますが、それまではありませんでした。 


わたしはこのメキシコペソ円に魅力を感じて、手動トラリピを開始した2018年9月から運用しています。 


つまり9ヶ月近くも早く、トラリピでは運用出来なかった通貨を手動でトラリピしていたことになります。

自由度が低い

自動トラリピのもう一つの欠点は軌道修正がしにくいということです。 


トラリピの設定は基本的には1つで、それを組み合わせて使います。 


例えば、トラリピのハーフ&ハーフというテクニックを使ってユーロ円取引で90円~120円までは買い、120円~150円までは売りのように2つの設定するするわけです。 


不慮のレート変動が発生したときにはこの設定を見直さないといけないのですが、その際はまた一から設定しないといけません。 

手動トラリピのメリット

手動トラリピは一見すると面倒なだけのように思われがちですが、実はさまざまなメリットがあります。

単純にお得である

自動トラリピの欄でも触れましたが、手動トラリピは普通にFXで取引しているのと全く同じなのでスプレッドがとても狭いです。 


ドル円は0.3銭程度だし、メキシコペソ円も最近は0.3銭のところが多いです。 


注文漏れなどの機会損失を0と仮定すれば手動トラリピの方が確実に利益が増えます。

軌道修正がたやすい

自動トラリピのデメリットの欄でも触れましたが、手動トラリピは手動であるがために変更が容易であるのが大きなメリットです。 


わたしの実践例でいきますとお試しでトルコリラ円を0.5円刻みに2000通貨ずつ手動トラリピで買い足していったことがあります。

この時、相場の上がり下がりを見ながら5000通貨にしてみたり1円刻みに変更したり注文を柔軟に変更しました。

そして最終的には収益があがらないと判断して数千円の利益で運用をやめました


このように手動トラリピだと、見切り発進してもどんどん理想のトラリピ設定に修正できす。   

手動トラリピのデメリット

手動トラリピといえば面倒なのがデメリットですが、それ以外にもデメリットはあります。

設定漏れ、設定間違いが起こる

これは手動トラリピの最大のデメリットと言えるかもしれません。 


わたしも何回も設定漏れや間違いを起こしたことがあります。 


ただ、幸いなのは設定漏れ、設定間違い=損失とならないことです。 


例えば、ドル円が100円から98円に下がったとしましょう。 

その時100円、99円、98円で買い注文を入れるつもりが99円、98円は入れ忘れてしまって、97.5円まだ下がってしまったとします。 

こういう時は、むしろ設定が漏れていて幸運です。 


わたしはこういう場合、97.5円で98円で買う予定と99円で買う予定だった分の成行注文をいれて、99円で半分、100円で半分決済するようにしています。


そうすると普通に注文していた場合より、多くの利益が得られます。


もちろん、注文漏れが大きな機会損失に繋がる場合もあります。


ただ、今までの経験では設定漏れや間違いによって損したことと得したことは半々なので意外とデメリットにはなりません。

機会損失がある

夜中などのFXにアクセスできない時間帯に為替が大きく上下してしまうと、新規注文をいれる機会を損失してしまうことがあります。

この場合、本来は得られるはずの利益を損失してしまいます。


ただ、わたしは今までこの機会損失に2度しか遭遇したことがありません。

【結論】手動トラリピは少額投資家に向いている

手動トラリピ、自動トラリピにはそれぞれの良さ、悪さがあります。 


資金が豊富で毎日決済注文が複数回見込める人、仕事が忙しいなどの理由で日中はほとんどスマホを操作できない人、または数字が苦手で自分でその都度注文を入力するのが不得意な人は自動のトラリピをお勧めします。

逆に資金が少ない人や決済注文が平均1日1回以下くらいしか見込めない人、常にスマホをチェックできる人、注文を入れるが苦にならない人(ちなみにMasaTは少ない時で1日0回、多いときだと1日8件くらいの決済注文が来てその都度新規注文をいれていますが、隙間時間にできるし多いときでも一日10分程度しか取られないので手動トラリピをしています)、こういう方には手動のトラリピがお勧めです。


また、手動だと途中で方針を変えることが容易なので見込み発進でとにかくやってみたいという人にも手動トラリピをお勧めします。

0
LINE証券

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる