トラリピ純利益ランキング2020年6月版【安定の通貨ペアは?】

めがねこ?
めがねこ?

運用している通貨ペアの「純利益率」をランキングにした

ぼかし入ってる(笑) なにか悪いことでもしたんですか?

ちゃっぴ
ちゃっぴ


わたしは、5つの通貨ペアで手動トラリピを運用しています。

運用している通貨ペア

メキシコペソ円、カナダドル円、ユーロ円、中国人民元円、豪ドルNZドル(AUDNZD)

今回はその純利益率をランキングにしました。

純利益率は短期間で大きく変動します。


利益だけを順位づけした利益率ランキングと併用することで最適な通貨ペアを見つけ出すことができます。

目次

トラリピの純利益率をランキングする方法

年利(年間利益率)に換算してランキングします。

ランキングの対象は決済利益から評価額を差し引いた純資産額です。

その他の細かいルール

・ブログ開始前から運用しているものはブログ開始時から集計する

・含みスワップは含めない

・設定変更等で必要な資金が増えた時は増えた額を必要資金とする

・メキシコペソ円の決済スワップ益のみ、ほぼ計上していないので概算51,000円を上乗せ計上する

5つの通貨ペアの運用設定

通貨ペアの運用設定についてはこちらに載ってます♪

気になる通貨ペアがあったら運用の参考にしてください。

第5位 カナダドル円【-29.39%】

カナダの旗

かなり意外でしたが、利益率ランキングで2位のカナダドル円が純利益率では最下位でした。


石油の輸出が多いカナダはコロナショックで影響を受けたものの、他の資源国通貨に比べると底堅さを見せてくれました。

コロナショックでも追加資金が不要だったことは非常に評価できるポイントです。

カナダドル円は大きく値は下がらないという予測の元、ギリギリの50万円の資金で運用しています。


資金が少ないので純利益率が下がる結果になりました(逆にプラスになった際は純利益率が跳ね上がります)

第4位 メキシコペソ円【-29.03%】

メキシコの旗

利益率ランキングで3位だったメキシコペソ円が、純利益率ランキングでは4位でした。

メキシコペソ円は決済スワップ益の計算が困難なため、概算のスワップ益をグラフに追加しました

3月のコロナショックでは一瞬にしてレートが地に落ち、予想外の60万円もの追加資金を余儀なくされました。


そのため現在は合計190万円でメキシコペソ円の手動トラリピを運用しています。

めがねこ
めがねこ

つまり、カナダドル円とは逆に資金を増やしたことが影響しているのか

資金を増やしたら純利益率も鈍化するからね

ちゃっぴ
ちゃっぴ



5月に入ってからは原油のレートの上昇とともに、少し持ち直してきました。

第3位 中国人民元円【-24.15%】(-59.35%)

壁に描いた中国の国旗

利益率ランキングでは第4位だった人民元円(オフショア人民元)は純利益率でも3位でした。

オフショア人民元の純利益率

資金は利益率ランキングと合わせるために86万円で計算しています。

めがねこ
めがねこ

めがねこは35万円で運用しているけど、今のところ資金は足りてる

そのかわり35万円だと純利益率は-59.35%

トホホ・・・

ちゃっぴ
ちゃっぴ


人民元は中国の武漢で発生したコロナウイルスの影響でわかりやすく2月から評価額が急降下しています。

第2位 ユーロ円【5.42%】

利益率では最下位のユーロ円が、純利益率では堂々の第2位です

豪ドルNZドル(AUDNZD)決済益の推移


ユーロ円は分散投資でリスクヘッジを目的として運用しています。


計算上の資金は90万円ですが、わたしは追加投資0円でこのユーロ円の手動トラリピを行っています。


コロナショックまでは地味なユーロ円でしたが、コロナショックから輝きはじめました。


ユーロ円は相関係数に基づいた分散投資の大切さを体現しているトラリピです。

第1位豪ドル/NZドル(AUDNZD)【25.45%】

わたしの投資のメインであり、このブログのメインでもある豪ドルNZドル(AUDNZD)

利益率、純利益率ともにダントツの第1位です❗❗


コロナショックでは、豪ドルNZドルに救われました!


基本的にこの豪ドルNZドルは独自のレート変動をしているので、コロナショックや〇〇ショックとは無縁です。

今回もコロナショックがはじまった頃は純利益があまり増減しませんでした。


ただ5月からレート一気に上がって純利益が爆増❗



豪ドルNZドルは本ブログのイチオシ投資です。

最大利益の公式

最強の通貨ペア

最強のトラリピ設定

最小の手数料






トラリピの純利益は変動がおおきい

各通貨ペアのグラフを見ればわかるように、純利益率は短期間に大きく変動することがあります。


これは、保有しているポジションの評価額がおおきく変動することがあるためです。


だから、純利益率ランキングは結果そのものより、通貨ペアの評価額の傾向をみるのに役に立ちます。


どうか利益率ランキングと合わせて検討することで、良い通貨ペアをみつけてください。


5+
LINE証券

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる