FXトラリピの年利は15%前後【確定利益ベース】がいい

ども~めがねこです。

めがねこ
めがねこ

手動トラリピの魔力にハマってます

まるでリピリピの実を食べてしまったかのように、日々手動トラリピを操っています♪


さて、トラリピの実現損益は選ぶ通貨ペアや設定などによっても結構かわってきます。

でも、ざっくり年利15%くらいのペースちょうどいい頃合いかなと最近感じるようになりました。


これは手動トラリピを約2年、本格的にブログで検証しながらは約1年運用している感触です。


なぜなら15%以下では資金効率が悪すぎるし、15%以上ではリスクを取りすぎていると思う場面が多かったからです。

マネースクエア_豪ドル/NZドル
目次

めがねこはリスクの取りすぎ

わたし自身、手動トラリピを運用してきて今は実現損益ベースで年利が20%くらいです。

なお、このうちユーロ円は特殊なので除外しています。

ただ、いまの設定ではリスクを取りすぎていて、コロナショックが起こったときに2つの問題が起こりました。

資金が足りなくなった

1番大きな問題はコロナショックでメキシコペソ円が史上最安値まで暴落してしまい、資金がまったく足りなくなってしまったことです。

なんとか60万円を入金してしのぎましたが、元の資金は130万円だったので約1.5倍も資金が入用だったということになります。


もし、入金するお金がまったくなかったら・・・・・考えるだけでも恐ろしいです。

めがねこ
めがねこ

生きててよかった

トラップ停止がひんぱつ

おなじくコロナショックのとき、カナダドル円でも問題が起こりました。

入金はしませんでしたが、トラップを仕掛けるはずのレートで稼働を停止してしまったのです。



これはレートが高いときに仕掛けてしまったトッピングリピートの含み損が増えてしまったことが原因でした。

めがねこ
めがねこ

ぜひ、めがねこを反面教師にしてください

トラリピで年利を無理してあげると有事のときに効率がさがる

トラリピは通常時は攻めた設定にすると利益が増えます。

でも、いざ〇〇ショックのような有事のときには一気に含み損が増え通常どおりトラリピを稼働させることが難しくなります。

さらにいえば〇〇ショックのようなときは実はチャンスともいえます。

資金に余裕があれば大きめに仕掛けて一気に儲けることだって可能なのです。

それなのにがんばってパンパンに設定してしまうと、多めに仕掛けるどころか、下手すればロスカットで資金の大半を失う恐れだってあるのです。

とはいえトラリピで年利10%以下【確定利益ベース】もよろしくない

逆に確定利益が積み重なるスピードが年利10%以下というのもあまりよろしくありません。

利益を伸ばすよう検証や検討をした上でトラリピを行ったのに、実際の確定利益が年利10%を下回るペースであれば見直しをおすすめします。

トラリピではちゃんとした設定であれば、確定利益ベースで年利15%はそこまでハードルが高くはありません。

もし15%を下回っているようであれば、利益があがるトラリピを行っているか、今いちどチェックしてみてください。



めがねこが運用中の手動トラリピでは、すべての通貨ペアで確定利益が年利15%を超えています。

ただし安全を重視して、あえて年利10%以下の設定にしているのであれば評価できます

【注意】ここでの年利は確定利益ベース、含み損を含めた実年利とはまた別

ひとつ注意していただきたいのは、ここで述べている年利とは確定利益の額をもとに算出しているという点です。

トラリピでは必ずといっていいほど、含み損を抱えながら運用します。

そして、この含み損の額は、いつどれほど減るか想定ができません。

めがねこ
めがねこ

想定ができるくらいなら裁量トレードで儲けたほうがいいね。

トラリピは含み損が最大で資金の60%くらい(含み損+必要証拠金で100%)までふくらむことが前提で運用計画が立てられています。

この含み損の額を最悪のケースを前提に見積もると、年利の12%分を毎年失うことになります(5年運用した場合)


10年運用しても年利6%分を含み損で失う可能性があるといえます。

つまり、10年運用して実年利10%を得たいのであれば、確定利益ベースの年利は16%ないと足りない場合があるということです。

年利15%【確定利益ベース】をトラリピの指針に

880

残念ながら、トラリピでは月の利益額を直接設定できません。

またトラリピは、確定利益にしても、含み損にしても、よいときと悪いときの落差がかなり激しい投資です。


だからこそ、自分がどのくらい利益を出せる設定をしているか、ぜひ見積もって運用してほしいと考えています。


やはり、年利や運用設定などの意識をトラリピに向ければ向けるほど、より良いトラリピ設定にたどりつきやすくなるものです。

特に含み損のリスクを全く増やさずに利益を底上げできるハーフ&ハーフ(めがねこ版だとマルチハーフ0円トラリピ

そして値幅、とくに利益幅については、こだわって設定するとリスクは同じなのに年利をあげることが可能なので、調整する価値はおおいにあります。

めがねこ
めがねこ

めがねこもトラリピで利益があがる設定を研究しながらブログを書いてます♪

ちゃっぴ
ちゃっぴ

もちろん、確定利益も年によって大きく変わってくる

だから年利15%はあくまでも目安で考えてください

5+

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる